茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

箪笥と押し入れの壁との隙間、10cmくらいの隙間の奥から出てきた物は‥‥‥

お片付けが苦手過ぎる私。すぐにモノが乱雑になってしまいます。

引き出しの中のものも、たたんで入れてあるのに、なぜかくちゃくちゃになったりして。

今、なぜか、って書いたけど、

原因はわかっています。

詰め込み過ぎと、たたみ方がいいかげんなのと、

1つ取り出した時に、そのわきに入れてあるものが崩れてもそのままにしているから。

そこで、

新年初の、押し入れ箪笥整理。

今日は、三つの大きめの引き出しの中のものを、出して、たたみなおして、

きれいに並べました。

無駄な時間の使い方だけど、仕方ない、こうなっちゃうんだから。

 

それで、あるものを発掘しました。

箪笥と押し入れの壁との隙間、10cmくらいの隙間の奥から出てきた物は‥‥‥

びっくり仰天。

巾着袋に入った、編みかけのマフラーでした。

あ~らら。

こんなところにあったのね。

これは、少なく見積もっても、25年くらい前に、

マフラーの幅が、均一にならなくて、嫌になって、

ほどこうとしたけどモヘアがからまってほどけなくて、

途中で放り出したものです。

いかにも私らしい。

仕上げもできず、処分もできず、見ないふりしておいて、

四半世紀たって発見されてしまうなんて。 

残念な人だね、私。

 

それでも、やっぱりこのまま処分もできません。

ケチなの。

 

で、どうしたか。

 

ひらめいたのです。

今はまっているスヌードにしちゃえば、いいんじゃないの。

長さは、マフラーには足りないけど、スヌードにはぴったり。

くるりと首の周りに巻いてしまうから、幅が均一じゃなくても、使える。

絶対に見る人にはわからない、幅が均一じゃないなんて。

 

さっそく、輪にしました。

はい、きれいなきれいな色のスヌードができました。

色の好みって変わってないんだなあ、今見ても、ものすごく好きな色。

 

できたスヌードは、母の目に留まり、

「それは、顔が明るく見える」

となぜか喜んでいるので、プレゼントしました。

あと一玉同じ毛糸が出てきたので、自分のはそのうち編めばいいやと思って。

使ってくれるなら、本望です。

母は、今日の午後、ずっと首に巻いていました。

今日の昼の編み物タイムは、たったの20分。

 

七草も過ぎて、自分の中での正月休みは終わったので、

そろそろ、昼の編み物タイムは、なしにしようと思っています。

 

今日から、編み物は、夜のテレビタイムだけ。

そういうけじめをつけないと、それこそ、食事もせずに編んでしまうのが

私の悪いところなのです。

 

しばらくボランティア仕事も怠けているし、

読書タイムも、ミシンタイムも、お散歩タイムも、

ちょこっと掃除タイムも、ほぼ日タイムも、バランスよく作りたいなと。

どれも、暇人の暇つぶしにしか思えませんよね。

ま、いっか。

だって、暇なんだもん。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

読書記録 萩尾望都「なのはな」

 この記事の続きです。

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

 「なのはな」

私が買ったのは、

 

FLOWER COMICS SPECIAL

新装版 萩尾望都作品集 なのはな

小学館 2016年3月15日発行

です。

 

6つの短編が収録されています。

2011年の震災とその後の原発事故、放射物質。

そういう重いものと知らずに、「なのはな」を読んで、

これは、夜寝る前に布団の中で読むようなものじゃあない。と思い、

読むのをやめました。

 

昼間、ちゃんと、じっくり読みました。

 

風化させてはいけない問題なんだよな、と改めて思いました。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

「モグラグラブ」を喜んでもらえました。優れものですよ、これ。

 

ただいまどっぷり編み物にはまっている私。

新年になってから、母へのプレゼントに、あったか小物をひとつ作りました。

以前このブログに書いた「しあわせを編む魔法の毛糸」に出ていた

モグラグラブ

opalの毛糸を使って編みました。

使用量、35グラムと書いてありました。

( この記事に書いた本です。)

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

今回は、珍しく、本に出ていたのと同じゲージで編めたので、

出来上がり寸法も本と同じに出来上がりました。

とっても素敵な柄に編み上がって、

正直言って母に上げるのがもったいなくなってしまったくらいの上出来。

母は、シルバーカーを押して出かけるときに丁度良いと上機嫌でした。

お年玉代わりのプレゼント、大成功です。

 

編み方は、いたって簡単。

二目ゴム編みを長方形に編んで、

縦長に二つに折って、

親指を出すところだけ開けて、筒状に綴じ合わせればOKなのです。

こんなに簡単なのに、あったかくてファッショナブルなモグラグラブ。

考えたマルティナさん、素晴らしい柔らか頭ですね。

いくつも作りたくなります。

普段家の中でもしていたら、手首が温かくていいと思います。

 

さて、その母へのモグラグラブが出来上がったので、残りの毛糸で、

腹巻帽子の2つ目を作り始めました。

(一つ目は、「すてきにハンドメイド11月号」のもの)

今、4分の3くらいまで編めました。

今晩と明日の晩に編めば出来上がりそうです。

 

ふたつ目の腹巻帽子。

編み始めはサイズがちょうどよかったのですが、

編み進めるうちにだんだん固編みになってしまい、

それに気が付いたら、今度はゆるくなってきて。

広げてみると、幅が広いところと狭いところで、1センチくらい違ってしまいました。

でもまあ、編み物だから横にも伸びるし、

頭にかぶっちゃったらそんな幅の違いなんてわからないからいいやっと、

そのまま進めて編み上げてしまいます。

いい加減で、いいや。

でも、ホントはちょっと嫌だけど。完璧主義だから。

しかししかし、ほどく元気はないので、このまま進めることに決断。

一枚目と比べなければ、これはこれで、上出来だと思うし。

 

さて、なぜ出来上がりの違いが結構あるのかと、

2枚の腹巻帽子を比べると、

以前編んだ毛糸より今度の毛糸の方が細いのです。

編み上がりの風合いは、以前編んだものの方が、私は好きです。

今回のもきれいな模様になったけれど、

前回のやや太めの毛糸の方が、温かそうです。

というか、よくよく本を見比べてみれば、

すてきにハンドメイドの腹巻帽子は、一周55cmで編むようになっていて、

今回の本の腹巻帽子は、一周50cmで編むようになっていました。

もう編まないと思うけれど、

次回編むとしたら、55cmに合わせて編みたいと思います。

その方が、頭にぴったりしすぎないで、いいんじゃないかと思うので。

何事もやってみなけりゃわからない。

編み物も、編んでみなけりゃわからないです。

冬の間の夜のお楽しみ、編み物。

 

まだ、今の帽子が出来上がっていないのに、

次に編むもののことをもう考えていて、

わくわくしています。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング