茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

すてきなお雛様を観てきました。百段雛まつり

12日ってなんの日だっけ?なんでカレンダーは、赤い日になってるの?

そう母と話したのは、先週の事。

2月12日。

何の祝日なのだろうと考えてもピンとこなかったのでした。

建国記念の日が2月だったような気がするけど、12日じゃない感じ。

2月12日が祝日って、違和感がある~~。

そんなボケ頭で、カレンダーを見て、なあんだ、建国記念の日の振替休日かあと、認識する。

振替休日ねえ。

そういうの、あったな。

毎日が、赤い色でもまったく困らない年金生活者の母子は、疑問がひとつ解けたので、

ほっとしたのでした。

 

さて、話は、替わります。

本日の、本題。

‥‥‥‥

 

友人が連れて行ってくれました。 

ホテル雅叙園東京の、百段階段で公開されている「百段雛まつり」。

 

雅叙園に行ったのも初めてです。

百段階段なるものの存在も、友人に教えられるまで知りませんでした。

東京都指定有形文化財だそうです、百段階段は。

 

ここで、ここ数年、お雛様を集めて、公開しているそうなのです。

今年は、「近江・美濃・飛騨 ひな紀行」という副題がついていました。

井伊家伝来「砂千代姫のお雛さま」特別公開でした。

 

立派なお雛様。

優しいお顔のお雛様。

上品な笑顔が素敵なお雛様。

素朴で親近感がわくお雛様。

大きな寝殿に飾られているお雛様。

たくさんの従者を集めているお雛様。

お道具も細かい細工がしてあったり、

遊んでいる様子がかわいらしかったり。

土でできているのもありました。

 

百段階段のお部屋そのものも、素敵な天井や壁の装飾があって、

見ごたえがありました。

 

はるばる上京したかいがありました。

 

3月11日まで公開です。

入場料、1500円です。

10:00~17:00(最終入館 16:30)

 

その後、おいしいランチ。

食べきれないほどのたっぷりした量で、びっくり。

楽しいおしゃべり。

久しぶりに会ったので、時間が過ぎるのも忘れてよくおしゃべりしていました。

 

そうして、食べた分は歩いてカロリー消化しようね、ということで、散歩しました。

 

もうこの地に来ることはないかもしれない。

そうそう、上京しませんし。

ということで、ご近所の、東京都庭園美術館、に行きました。

お庭は工事中でしたが、梅の花がもう咲いていて、落ち着いた庭園を楽しんできました。

 

帰りの電車での居眠りも、幸せ時間でした。

連れて行ってくれた友人にも感謝です。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

なんだか、着いて行って、巨人の星の明子姉ちゃん、しちゃいそう。

たらちゃん(仮名)が、幼稚園に行く。

心配でならない。

こんなちびっ子が幼稚園に行くなんて。

母親の仕事の都合と、なんたらかんたらで、

3歳児から受け入れてくれるところを見つけて、入れると言う。

そこには口出しできないから、ただ、陰ながら心配する。

たらちゃん、大丈夫?

だって、まだ、ちゃんとお話できないじゃん。

どうやって、意思表示するのさ。

泣くしかないか。

ま、がんばれ。

 

そういう訳で、入園セットを作るよう、指令が出た。

え、こんなチビに、鞄を持たせるとな?

お試しに作ったレッスンバッグは、床にずっちゃいます。 

あらあ、大変。

この中に、体操服とかなんかを入れて持つなんて。

大丈夫なのか、大丈夫じゃないでしょ。

通園って、どんな具合なのかしら。

これ、持って、とことこ歩くの何分くらいなんでしょう?

先生のお手間をとらせるんじゃないかしら。

お婆がついて行ってはいけないのかしら。

老婆心、て言葉、こういうとき使う?

今の様子を見ている限り、無理でしょ~~、幼稚園。

なんだか、着いて行って、巨人の星の明子姉ちゃん、しちゃいそう。

 

頼まれもののお裁縫、今日明日でやっつけたい。

 

朝のうちに、洗濯機に水をはって、袋物作りに使う布地を浸しておいた。

10時ころ、干しました。

 

はい、本日の大事な仕事は、生地の水通し。

あんまり乾きそうな天気じゃないのが、ちと不安ですけど。アイロンかけが、正直、面倒ですけれど。

 

あとは、自由っ!!

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

読書記録 「血縁」 長岡弘樹 著 

血縁

長岡弘樹 著

集英社

2017年3月発行  

 

こちらに書いた本。とても面白かったので、同じ作者の本を読みました。 

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

 

文字盤

苦いカクテル

オンブタイ

血縁

ラストストロー

32-2

黄色い風船

 

どの短編も似たような話、にならないところが、素晴らしい。

この作者の腕の見せ所が凝縮されている短編集だなあと思いました。

 

犯罪者が、全て、悪。ではなくて。

優しさからの罪。

親子、友人、姉妹。互いを思うからこそ犯してしまう罪。

人として、罪は犯しちゃいけないけれど、それでも、「悪」って感じられない罪もある。

 

人生って、難しい。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング