茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「菜の花食堂のささやかな事件簿」「三千円の使いかた」

「菜の花食堂のささやかな事件簿」

碧野 圭著

だいわ文庫

2018年6月15日発行

 

「三千円の使いかた」

原田 ひ香 著

中央公論新社

2018年4月25日発行

 

母の通院付き添い、検査付き添いで、病院待合室にいる時間が多かったこの一週間。

当然のごとく、待合室読書が進む。

 

 

上記の2冊が、この一週間の待合室読書で読んだ本です。

 

菜の花食堂のほうは、このシリーズ3作目のものです。

「菜の花食堂のささやかな事件簿」

「菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日」

そして、この本、

「菜の花食堂のささやかな事件簿 金柑はひそやかに香る」です。

作者は、以前、このブログに書いた、「書店ガール」の作者です。

書店ガールも面白く読みましたが、こちらの菜の花も、好きです。

日常の中のささやかな?を解いていく過程が興味深くて。

誰も死なないし、暴力もないし。

読後感はあたたかくて、そして、おいしそうな料理がたくさん出てくるので、

そうだまじめに料理をして、自分や家族を大事にしたいなあと思たりもします。

このシリーズの中では、この3冊目が一番気に入りました。

今回の本の謎は

・好き嫌いがないはずの恋人が手作りのお弁当を嫌がるのはなぜ?

・野菜の無人販売所の売上金が、月末に限って増えているのはなぜ?

などです。

面白いです。

肩が凝りません。

お料理したくなります。

おいしいものを食べに行きたくなります。

暖かい気持ちになります。

 

以上。

 

「三千円の使いかた」

こちらは、経済観念が希薄な私にとって、ちゃんとしよ~~お金のことも。

そう思わせてくれました。

どうにかなるなる、なんて、ケセラセラ~~な生き方ではなくて、

人生どうなるかわかんないじゃん、今楽しければいいじゃん、じゃなくて。

ちゃんと、考えてる?これからの生活のこと。

そう、この本に問われました。

 

作中人物の、55歳智子と、73歳琴子に我が身を投影しながら読みました。

 

「人は三千円の使いかたで、人生が決まる」そうだが、今からでも金銭にしっかりした人になれるのかな、私。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

 

チューリップ、とってもいいライブでした。

 

整骨院の先生と、整形外科の先生のおかげで、チューリップのライブに無事行ってこられました。

 

ライブに行きたい、腰を治してください。

このプチぎっくり腰を、どうにかしてください。

 

そんな私の無茶でわがままな願いを聞いて、

お二人の先生は、笑いながら治療し、無事に行ける腰にしてくださいました。

 

今は、また、疲れが出て、痛み止めはまだ飲んでいるし、毎日整骨院に行っていますが、とりあえず、先週末のライブには行けたのでした。

 

ありがとう、先生方。

 

チューリップ。

 

懐かしのグループです。

わが青春の思い出の曲満載のライブでした。

行く前は、

演者も客も老人だもん、座って聴けるでしょう、って思って出かけました。

なめてました。

おお、最初から立つのかあ~~~。

なんのために椅子があるんだろう?

 

年を感じさせない元気な歌声、演奏。

ちょっと音程はずれても、そんなの関係ないない。

名曲たっぷりのライブ。

途中15分休憩があるのが、おかしかったけど。

改めて、チューリップの曲って、いい曲だなあと感じ入りました。

 

思い起こせば、わたくしが、初めて買ったライブチケットが、チューリップのだった。

あのころは、ちけぴなんて、なかった(と思う)。

レコード屋さんで、買ったように思う。

 

そして、ライブ当日。

職場でアクシデントがあって、行けなくなっちゃった。

泣くに泣けない。お仕事だもん仕方ない。

代わりに行ってくれた後輩が、レコードにサインもらってきてくれたっけなあ。

あの人、いい人だったな。 

 

あれから、30年いや、40年近くたっている。

とうとう、本物のチューリップに会えました。

 

ふふっ、やっぱり、懐かしいあの曲で、涙出ちゃいました。

 

一緒に行った友人も、青春ど真ん中の曲だもんね~~~って、満足してくれたようでした。

 

ライブって、いいなあ。

音楽っていいなあ。

 


 

さて、今日も、腰をだましながら、ボランティアの家仕事しましょ。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング  

 

 

 

ねじりスヌード完成「その後」

 

おはようございます。

昨日のブログにこう書きました。

「朝から、うれしくて、首にかけてます。

 まだ寒くないので、ちょこっとだけ首にかけて楽しんでから、

 首回りが寒く感じる時期までしまっておきましょ。」

でも、思いのほか気温が上がらず、結局一日つけていました。

 

そして、それを見た母は、結構いい感じと思ったみたい。

 

はい、母から注文が入りました。

手作りサイトならお代をいただけますが、

身内に編み賃は請求できません。

「いいよぅ、編むよ。

 毛糸代ご自分でね」

そうして、どの色の毛糸にするか、二人でマルティナさんのサイトを見ました。

母の欲しい毛糸が決まりました。

そしてそして、

ずっと毛糸を見ていたワタクシはというと。

ご想像どおり、またまたマルティナ毛糸が欲しくなっちゃって。

先日買ったのが、まだあるのに、自分のほしい毛糸も注文してしまったのでした。

何個買ってしまったかは、恥ずかしいのでここには書きません。

「ばかじゃないの~~~」と自分に言いつつ、注文しちゃった。

10月には、マルティナさんの編み物本が、また出版されるという

恐ろしい情報も入っちゃったし~~~。

きっと、買うな、その本。

 

最近洋服買いの無駄遣いをしてないから、毛糸くらいいいか。

自分をご機嫌にする方法の一つだもんね~~~。

いつもご機嫌だと、ボケるのが遅くなるらしいし‥‥。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング