茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

こげ茶色の、革ポーチを洗濯機で洗ってみました。どうなったと思います?

 

おはようございます。

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

 

まだお給料をいただいていたころは、

革が好きな私は、

今より頻繁にバッグ屋さんを覗いたものでした。

 

いくつかは、姪っ子に貰ってもらいましたが、

今も、持ちきれないほどのバッグやショルダー、リュックがあります。

いわゆるブランド物ではないから、

売ってもわずかな金額にしかならないし、

眺めているだけでもいい気分なので、処分する予定はありません。

 

そう、眺めているだけでもいいのです。

おかしな人間なので、仕方ないです。

時々、クリームを塗って手入れをするのも好きです。

仕上げにスプレーして、風を通して。

買ったお店にバッグを持っていくと、

「まあ、ほんとに大事にきれいに使ってくださっているのね」

と言われます。

お世辞かもしれませんが、素直に、喜んでいます。

 

革は重いので、最近は近場に行くのには布バッグをよく使います。

でも、革が好きなことに変わりはないので、

小物は革のを持ち歩いています。

 

そんな愛用の革小物のひとつ、こげ茶色のポーチの話です。

 

数年前、よく行くバッグ屋さんで買ったものです。

 

革のポーチ?

濡れたらめんどうだから、使い勝手はどうなのかなあ?

と思いながらも、

手触りがよくて、お店の方の強いお勧めで買ってしまいました。

 

そのポーチに入れてあるものの一つに、

蕁麻疹が出た時用の、塗り薬があります。

チューブに入っているものです。

 

昨日、ポーチを開けて中を見たら、

なんということでしょう。

チューブの端っこが破れて、中身が出てしまっています。

当然一緒に入っていたものも、塗り薬で、べたべた。

しかし、そんなものより、一番ショックなのは、ポーチです。

あああ、大事にしている革ポーチ。

裏地にシミができています。

布で、いっしょうけんめい拭いたけれど、

塗り薬のシミは、取れません。

 

いやだなあ、こんな感じのまま使うのは。

 

どうしようかな。

 

そうだ、

普通、

汚れたものは、洗うでしょ。

 

革だけど、洗っちゃおう。

 

実は、以前、革のバッグを洗ってきれいにしたことがあります。

水洗いしたけど、きれいに仕上がったのです。

栄養クリーム、仕上げに塗り込みましたよ。

今も、普通に、使用中。

 

だから、ポーチも洗うぞ。

 

洗濯機に、水だけ入れて、洗いました。

洗剤は、入れちゃダメなんですよ。

 

そうして、洗い終わったのを見たら、

 

なんと、

 

白っぽい裏地に、薄茶色のシミが。

 

これは、落ちません。

 

塗り薬は落ちたけど、革から出た茶色のシミは、落ちません。

 

なんてこった。

 

きれいになったんだか、

 

かえって汚したんだか、わからなくなってしまった。

 

革の風合いは、悪くならなかったから、

 

外から見たら、別になんともないけれど。

 

裏地のシミは、なんだかなあ~~~。

 

これからも使うけれど、もう、塗り薬は入れない。

 

 

そういえば、以前、ニューバランスのスニーカーも、

洗って、革ががばがばに固くなって、

雨の日用に格下げしたことがあったなあ。

 

 

人間は、失敗して、学ぶんだもんね。

 

60過ぎても、学んで成長している私は、偉い。

 

「色の濃い革小物で、薄い色の裏地がついているものは、洗ってはいけません」

 

 

追記:手触りは、なぜか、以前より柔らかくなり、使いやすくなりました。

   表の面は、洗う前より、きれいな状態になりました。

                           (2・21記)

 

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。→60歳代ブログランキング