茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

歩道も横断歩道も危ないな~~。気疲れしてしまう。

 

歩道くらい、自分のペースで歩きたい。

 

最近、そう思うことが多い。

 

 

私は、まあ、歩くのは、速い。

 

でもね、母には、母のペースがあるんです。

 

 

歩道があるところは、歩道を歩く。

 

当たり前。

 

母が(私も)こけないように、気をつけて歩いている。

 

前から走ってくる自転車は、かろうじてよけられる。

 

嫌でも目に入るからね。

 

ぺこりって、あいさつしてくれる人だと、その後いい気分になるし。

 

スピード落としてくれる人にも、好感もてる。

 

よけてあげても、何にも言わずにすれ違っていく自転車には、プチ呪い、かける。

 

しつけの悪い大人だなあって思う。

 

礼儀がなってない子どもは、許す。

 

その子のせいじゃなくて、親のせいだから。

 

小学校の低学年くらいまでだけど。

 

後ろからベルを鳴らしてくる自転車には、気が付かないこともある。

 

聞こうとしていないときは、聞こえない音ってあるんだよ。

 

聞こえたら立ち止まって端っこに張り付く。

 

ひかれたら大変だもん。

 

 

急いで歩いている人、追い越すときに、「ちっ!」って舌打ち、やめてもらえるかな。

 

あなたが急ぐ理由があるように、こちらにもゆっくりな理由があるんだよ。

 

「ちっ!」って言い返せないし。

 

私たちだって、真ん中を歩いているわけじゃないんだけどな。

 

狭い歩道は、小学生の登校班の列みたいに縦並びになって歩いているよ、私が副班長で。

 

 

 

横断歩道、これも危ないの、私たちには。

 

歩道、なのに、自転車が、すういすいって渡っていくんだもん。

 

横断歩道は、自転車を降りて渡るんですよ。

 

って、子供は、学校で習うけど、大人はどこでも習わないのかな。

 

習ってくださいよ、ちゃんとっ!!って思うけどね。

 

 

 

バスの乗り降りだってね、杖をついてなくても、ゆっくりになっちゃうことあるんだよ。

 

私は、もっと年老いた時に、一人で歩く勇気があるだろうか。

 

一人でお出かけできるだろうか。

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。→60歳代ブログランキング