茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

席を譲ってくれた中学生に「ありがとうね」と言えた大人はいなかった。

 

電車に乗った。

土曜日の昼間。

始発駅なので、座れた。

というか、車内はがらがらであった。

 

少しして、女子中学生が7,8人乗って来た。

うるさいと嫌だなあ。

文庫本読むのに、集中できないじゃん。

あっちの車両に乗ってくれたらいいのに。

まあ、それは、自分の都合で考えているから、我がままな考えだけど。

 

自分も昔は、かわいらしい女子中学生だったのに、

そんなことは棚に上げて、

うるさい子供って嫌ねえ、なんて思って見ていた。

 

彼女たちも、席が空いていたので、座った。

 

あらら。

あらららら。

静かである。

スマホをいじっているわけでもない。

そんなもの、持ってない。

なんだ、いい子たちじゃん。

 

ひとつめの駅に着いた。

20代と思われる男女が乗ってきた。

 

中学生たちは、全員、立ちあがり、

空いた席に、20代の二人は座った。

 

まだ席が空いているので、

中学生たちは、また、座る。

 

次の駅。

50代以上と思われる人たちが、数人乗って来た。

 

中学生は、またまた、すっくと立ちあがった。

乗って来た大人たちは、座った。

 

この中学生の、乗客が来るたびにすっくと立ちあがる姿に

私は、感動してしまった。

 

そりゃ、若いもんが、席を立つのは、

当たり前っちゃ当たり前なんだけど。

 

当たり前のことができるのって、偉い。

 

当たり前のことを、さりげなく、律儀に、全員でやれるなんて。

偉い。

 

なんて、気持ちの良い人たちなんだ。

なんて、しつけのよい子たちなんだ。

 

親御さんが偉いんだな。

部活仲間っぽいから、そこでの躾もよいのかも。

 

私は、とてもいい気もちで、電車に乗っていられた。

 

こういうささやかな、素敵なことに出会えると、

一日が、より素敵な日に感じられる。

 

出かけた先でも、優しい気もちで人と接することができた。

 

中学生たちに、感謝。

 

でも、私が見ている範囲では、

席を譲ってくれた中学生に「ありがとうね」と言えた大人はいなかった。

 

ダメなのは、大人か?

 

私は、もし譲ってもらえたら、「ありがとう」って必ず言おうっと。

 

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。→60歳代ブログランキング