茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

カンポタージュ、懐かしの味。よく働きましたのご褒美。

 

自販機に、コーンポタージュが入っている。

 

私の住んでいる地方では、寒い時期にしか、自販機に入っていない。

 

季節の訪れをこのことでも感じていたものである。

 

駅の自販機にコーンポタージュが入ったのを見つけたら、

ああ、冬が来るなあ。

なくなれば、もう春なんだなあと。

販売が終わったのを知ると、春の訪れをうれしくもあり、

ほっと一息タイムの修了がさみしくもあり。

 

働いている頃、私は電車通勤だった。

 

寒い季節、

仕事帰りの暗い駅のホームで、

自販機でコーンポタージュを買って、

おしりが冷たいから、ベンチには座らず、

冷たい手をあたためてから、

ゆっくり飲むのが毎晩の習慣だった。

 

今思えば、

立ち飲みなんてお行儀の悪いことを、

平気でしていたのね。

 

今日も遅くなっちゃったなあ。

寒いよ、勘弁してよ。

ホームに待合室がないって、不親切だよな。

帰ってからも持ち帰り仕事か。

馬鹿みたいだなあ。

今日の会議、へんちくりんだったよな。

どうして、あの方は、ああなんでしょうねえ。

明日も会うから、我慢したけど、もっと言いたかったなあ。

あの人のあのやり方は、真似すべきだな。

なんだかんだ言っても、今日も頑張ったじゃん、私。

しかし、コーンポタージュは、おいしいよな。

仕事の後にいっぱいひっかけてるおやじと同じ感覚かも。

 

こんな風に、コーンポタージュ缶にお世話になっていた。

とにかく、癖になるほどおいしかった。

この環境で飲むから、なおさらかも。

メーカーさんによって、微妙に粒の感じとか濃さとかが違って、

いくつかの自販機を交代で使ってみたりもした。

 

こんな毎日を、冬の間続け、それを何年も続け。

 

私にとってのコーンポタージュは、そういうものだった。

 

缶入りのポータージュだから、カンポタージュなんて、勝手に呼んでいた。

 

たまたま帰りが一緒になった同僚に勧めたけど、

思ったより反応が鈍くて、がっかりしたこともあった。

なぜ、このおいしさが伝わらないんだ、鈍いヤツ、なんて。

人の好みは、さまざまである。

 

先日、久しぶりに電車を使って出かけた時に、

自販機のコーンポタージュが目に入ったので、

懐かしさも手伝って、飲んでみた。

 

ベンチに座って、ゆっくりと。

かつての夜のホームを思い浮かべて、

ゆったり気分で飲んだ。

 

暗くないし、

疲れてないし、

そんなに寒くもないし、

仕事からの解放感もないし。

 

そんな、条件違いがあったからだろう。

 

あのときの抜群のおいしさは、なかった。

 

ただ、普通においしいだけだった。

 

もう、あの、ほっとした感が味付けになっている

カンポタージュの味は、

味わえないんだなあと、

少し寂しくなった。

 

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。→60歳代ブログランキング