茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

マリオネットライン?名前がつくと、その存在が明らかになってしまうのね。

 

 マリオネットライン。

 

はじめて聞いたこの言葉。

 

例によって、アンテナが低いから知らなかっただけで、

世間では周知の言葉らしい。

 

化粧品店の販売員さんが口にしたこの言葉。

一瞬なんのことかと、わからなかった。

 

すっとぼけて話を聴いていたら、

マリオネットラインというのは、

口の端から顎にかけてのラインらしい。

 

なるほどね。マリオネットか。

そうなの、そういう名前が、この線についていたのね。

上手い言い方じゃないの。

いったい、いつの間に、この線は、市民権を手に入れたんだ。

 

知らなかったぞ、マリオネットライン。

そんな名前を付けてもらっちゃったら、

存在が明らかになってしまうではないか。

 

ほうれいせん、という言葉を知った時も、

おお、これをほうれい線と言うのね。

なるほど、しっかり、あるわ、私の顔に。

おばさんになった証拠線のことだよね。

 

そう納得したのだった。

 

 

今度は、マリオネットラインだって。

 

そうね、そう言われれば、うっすらあるわ。

いや、言葉によってその存在を明らかにされちゃったので、

気になって、

よくよく鏡を見れば、

けっこうしっかり、マリオネット。

 

 

おお、私は、マリオネットになったのか。

 

誰が操ってくれるのかなあ~~~。

 

このおしゃべり口を操るのは、大変だよ~~。

 

たまにしか役に立たず、持て余すよ~~~。

 

きっつい言葉も出てきちゃったりするよ~~。

 

並みの人には、操れないよ~~~。

 

なんて、くだらないこと言ってても、

誰も立候補しないので、

自分で操るわけだが‥‥‥。

 

 

 

 

マリオネットねえ。

 

かわいい言い方だけどさ。

 

考えようによっては、残酷だよね。

 

誰がつけちゃったんだろうね、こんなシワに名前なんか。

 

名前がなければ、誰も気にしないかもしれないのにな。

 

 

目じりの「カラスの足跡」っていうのは、昔から知ってたぞ。

なぜ、雀じゃなくてカラスなのか。

かわいい雀じゃなくて、より大きい足を持つカラス、

と言った時点で、悪意を感じたな。

 

じゃあ、おでこの横じわは、波線か?

切り取り線か?

洗濯板か?(死語?)

 

眉間の縦皺は、地図記号の「田」か?

いや、「荒地」のしるしにも似ているぞ。

あ、これは、ちょっとわかりづらいか。

教養が邪魔しちゃった。

 

おもしろいので、今、ちょと調べたら、

ゴルゴラインなんてのも、あった。

 

ゴルゴか。

あの、ゴルゴだよね。

私は、銃を構えていいのね。

女でも、ゴルゴになれるなんて。

かっこいいじゃん。

 

顔のしわにいちいち名前なんか付けて、

それをとるには、どうしたらいいかなんてさ。

 

暇だな~~~。

そんなに、顔のお世話をしている人がいるなんてな~~。

年取ったら、みんな同じような顔になってくるって。

 

生き方が顔のしわに現れそう。

怒ってばかりだと、「田」「荒地」が増えそうだ。

悩んでいると「洗濯板」。

笑って笑っての生き方を心がければ、気もちのよい笑い皺のおばあさんになれると思うぞ。

そうしよう。

とりあえず、むりやりでも笑顔だねっ!!

理想とする、「かわいいおばあちゃん」になるには、そう心掛けないと。

 

それにしても、

マリオネットライン。

 

化粧品メーカーの陰謀か?

美容外科の陰謀か?

 

今度は、どんな皺が、名前を付けてもらえるんだろう。

 

とりあえず、「マリオネットラインを薄くするクリーム」なるものは、

私の家には、おいでになりませんでした。

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。

クリックしてくださると、私の笑顔皺がきれいにできあがります。

なあんてね。→60歳代ブログランキング