茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

嬉しいけど、困った。困ったけど、うれしい。本が大好きな私。

 

図書館に予約しておいた本。

 

3冊、一度に来たっ!!

 

お知らせメールが来たので、すぐに借りに行ってきましたけどね。

 

そりゃ、暇だけど。

読みたい本だから、予約したんだけど。

暇だけど、3冊一度に、というのは、ねえ。

 

2週間で、3冊。

読むのは大変だ。

いくら暇人でも、用事はあるし。

医者に、

市役所に、

旧職場の集まりに、

友人との散歩とランチ。

母の通院のお付き合い。

一歳児と遊ばなくちゃいけないし。

ボランティアの仕事と勉強会。

 

書き出してみれば、結構用事はあるんだね。

 

2週間で、3冊。

読めると思うけど。

 

 

自分で買った本も、まだまだ、手元にあるのに、

予約本も、ここで一気に3冊来たか~~~。

 

ありがたいけど、

1週間おきくらいがよかったなあ。

 

さっさと読んで、次の人に渡さないといけないし。 

私は、割といい人なので、

次に借りる予約が入っている本から読んで、

期限前でも、

読み終わったらできるだけすぐに、返しに行くようにしている。

一冊読み終わったら、返しに行く。

次のが読み終わったら、また返しに行く。

返しに行くのは、往復25分くらいだから苦じゃないし。

なぜ、そうするかって。

読みたい本を、

待ってる気持ちがわかるから。

 

 

 

だって、人気のある本なんて、半年待ちのもあるんだよ。

 

200人以上も待っている本もある。

 

〇〇賞なんか取った本は、そりゃもう、大変。

待っている間に、待っていることを忘れてしまうくらい。

 

半年待ちの長さに耐えられず、買ってしまうこともしばしば。 

 

 

本は、新しい本を買って読むのが作家さんに対する礼儀としては正しい。

 

古書は、買っても作家さんの収入にはならないものね。

 

 

学生のころは、本は、買って読んでいた。

バイト代イコール本代。

(なんか、かっこいい)

新古書店も、なかったし。

就職してからは、自由に好きなだけ本が買えるのが

とてもとてもうれしかった。

いつも、本があふれていた。

 

最近は、図書館のお世話になることが多い。

年金生活になったし、

もう家に本を置くところがないから。

狭い家だからね。

書斎なんてないし。

 

 

本を処分するのって、とっても嫌なのだ。

今まで手放した本は数知れず。

なら、最初から、自分の本にしなければいいね、

ってことで、図書館で借りる。

 

でもさあ、図書館て「無料貸本屋」でいいのかなあ、

とも思う。

 

とってもありがたいんだけどね。

 

本を買って、読んで、気が合わないと、もうれつがっかり。

だから、好きな作家さんの本だけ、買うようにしている。

ファンとして、

「書いてくださってありがとう。また、頑張ってください」の気もち。

 

貧乏なので、新刊本を買ったときは、ものすごくうれしい。

新しい服を買ったときよりうれしいかも。

 

また、適当に家事をやっつけて、

読書に浸ろう。

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。→60歳代ブログランキング