茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものが多いので、持ち帰りはなさらないでくださいね。

いつの間にか、信号が変わりそうなときに走れるようになっていた。

 

f:id:kureyonnobasann:20170223173522j:plain

 

めまい、動悸、息切れ。

 

去年の年末ころは、これがときどきあって、

怖かった。

 

歩いていても、しゃがみ込みたくなったことも何回かあるし、

電車の中で、

お店で、

ふらあっとしてしまうこともあった。

だから外出が不安であった。

 

おおげさだと思われるかもしれないが、

私にとっては、外出するときには不安がいっぱいだった。

 

電車に乗るのが嫌になり、

暗くなってからの外出も嫌だった。

 

地元で散歩、くらいが関の山。

バスで病院に行くときも、めまいがしたので

出かける自信がますますなくなった。

かわりに不安が大きくなって。

 

でも、まず、長く歩けるようになった。

電車に乗って出かけられた。

たったの、15分だけど、出かけられた。

乗り物に乗らない夜間の外出も、先日、OKだった。

 

臆病風は、もう、吹かない。

 

普通にお出かけできるし、

夜の居酒屋も行けそうだ。

 

そうして、

この前、気が付いたこと。

 

あらら、信号が変わりそう、

っていう時に、私は小走りになっていた。

思わず走り出していたのである。

 

ひさしぶりだなあ、小走り。

 

今までは、

めまいが起きるようになってからは、

信号が変わりそうなときは、

無理せず、次の青を待っていた。

 

でも、先日は、走っていたもんね。

走ろうと思ったわけではないのに走ってたっていうのは、

うれしいねえ。

普通になってきたってことだもんね。

 

こんなささやかなことから、

健康になってきたって、実感できた。

 

ありがたいことだなと、思った。

 

 

 

ついでに言うと、

体重も1キロちょっと、増えていた。

 

ありがたくないことだなと、思った。

 

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。→60歳代ブログランキング 

※画像は、素材サイトからお借りしているので、持ち帰りはなさらないでくださいね。