読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものですから、持ち帰りはなさらないでくださいね。

何を言ってるのかな?

 

f:id:kureyonnobasann:20170303111149j:plain

今日も、年寄りの愚痴です。

お若い方は、遠慮なくスルーしてくださいな。

 

さっき、電話がかかってきました。

「クレヨンさんのお宅ですか?」

「はい。」

「私、先日お電話した〇△✖※、◇▢〇△✖※、◇▢~~~」

何をおっしゃっているのか、

さっぱり、分かりませんでした。

私は、12月の人間ドッグで聴力は、異常なしでしたよ。

でも、さっぱり、ちんぷんかんぷんでした。

音量は十分だから、音は耳に届いています。

しかし、言葉は届きません。

日本語で話しているのはわかるけど。

 

こんな、電話で営業しているくせに、何て早口な話し方なんでしょうか。

『これで仕事になるのかいな。』

そう思い、切っちゃおうかなとも思いましたが、

せっかくお仕事で電話かけてきたのに、

いきなりガチャン、もないよなあ、と思い直しました。

 

「あのう、早口すぎて、内容が聞き取れないのですが」

と相手の話をさえぎって、言ってみました。

 

そのあとは、ややゆっくりめにしてくださったので、

内容はわかりましたので、

こちらの事情を話してお誘いはお断りしました。

 

こちらが、年を取って来たからか、こういうことがときどきあります。

 

お店でも、若い販売員さんのお話が、聞き取れないことがあるのです。

 

その説明はわからないから、買わない。

その単語が聞き取れなかったから、もう、いいです、買わない。

いったい、何語だったのかしら。今の説明は。

うわあ、何を注文していいのかわかりません。

 

こんなことが、あるんです。

 

聞こえているのにわからない、っていうのも、ストレスだな。

 

耳に手を当てて、「はあぁ⤴」って、やっちゃおうかしらね。

 

世の中、そんなに忙しいのかしらね。

 

私も、若いときは、年配の方に、早口で話しかけていたのかしら。

今さら反省しても仕方がないけれど。

 

でも、接客や営業じゃなかったから、

そんなに迷惑かけてはいなかったと思います。

もともと、頭の回転が遅いので、早く話せないというのもあるけれど。

 

会議なんて、前の発言の意味を考えているうちに、

次の議題に移っていることが多かったもの。

 

あ、でも、家に来る銀行の人とか新聞屋さんが、

母に話しかける時の、

あのゆっくりな、子供に言うみたいな言い方は、

されたらむっとするかもしれない。

 

普通の話し言葉で、ゆっくりめ、がいいなあ。

 

わがままかな。

 

さて、お昼ごはんの準備です。

今日は、一人だから、簡単スープとあべかわもち。

 

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。→60歳代ブログランキング 

※画像は、素材サイトからお借りしているので、持ち帰りはなさらないでくださいね。