読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものですから、持ち帰りはなさらないでくださいね。

どうして「お父さん」

 

f:id:kureyonnobasann:20170319181434j:plain

テレビを見ていて、ふ~~んと思うことのひとつ。

 

自分の親のことを話すときに、

「父」「母」と言わずに、「お父さん」「お母さん」というタレントさんの

多いこと。

 

昭和生まれの私は、違和感感じて仕方がない。

 

だって、小学校で、教わるんですよ。

★自分の親のことを、他の人に話すときは、「父」「母」と言うのです。★

って。

 

でも、けっこう、年のいってるタレントさんでも、

「お父さん」「お母さん」と言っている。

 

日本の文化が変わったのか?

 

芸能界が、日本じゃないのか?

 

そのタレントさんの親御さんや、

番組制作責任者とか、

マネージャーさんとかが

教えてあげないのかしら。

 

ああ、その方たちも、若い世代で、違和感感じてないのかも。

 

それとも、私が知らない間に、日本語が変わったのか。

 

もひとつ、

「ネットで見れますよ」って言っている学習塾かなにかのCM。

 

おお、学習塾でも、「見られます」じゃなくて「見れます」使ってしまうのか。

世も末だな。

 

いや、ここでも、私が置いてけぼりになっているだけなのかもしれない。

 

昔は、年寄りが、小さなことをぶつくさ言うのを聞いていて、

 

「そんなのどうでもいいじゃん、年取ると面倒だなあ。

 ああいう年寄りには、なりたくないな。

 もっと柔軟に考えられないのかねえ。

 文化は変わっていくものなんだよ。」

と、思っていた。

 

でも、

遠い昔の前言を撤回。

 

変化にも、限度がある。

 

            ♪ 本日は、バート・バカラックを聴きながら。 

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。→60歳代ブログランキング 

※画像は、素材サイトからお借りしているので、持ち帰りはなさらないでくださいね。