読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものですから、持ち帰りはなさらないでくださいね。

お花見に思うこと

 毎朝、テレビのどこかで桜情報を流している。

ついつい見入って、行きたいなあと思う。

 

桜の木。

どこで見たって同じじゃん。

まあ、そうかも。

ソメイヨシノはどこで見てソメイヨシノだし。

枝垂れ桜も、樹の姿は、どこでも同じようなもの。

とても有名な一本桜は、そりゃあ特徴があるけれど。

 

なら、どうして、あちこち桜を観に行きたくなるのかなあ。

毎年、毎年、あちこちの桜を観に行きたくなる。

みなさん、そうかな。

私がちょっとおかしいか?

 

大学時代の友人との花見。

一人散歩の花見。

母との花見。

ちびちゃんとの花見。(2歳の彼には花のよさわからん)

めでたく退職して暇人生活を始めた友人との花見。

高校時代の友人との花見小旅行。

 

たくさんの花見は、

どこの桜、というのも大事だが、

誰との花見、というのがポイントだったのかも。

お互い健康で春を迎えられたね。

今年も、仲良くしてね。

こんなふうに、

お正月より花見の時期の方が、

一年の始まりみたいな感覚になることがある。

小学校からの長い学生生活があって、

4月から社会人になって、新しい生活がはじまって‥‥‥

4月が一年の始まりみたいな感覚もっているものね。

みなさんも、

新しい年の始まり的な気もちで花見しているのかもしれないね。

住んでいる地域によってこの感覚は違うかもしれないが、

私の住んでいる辺りは、きっと、こんな感覚。

 

空見上げ 今年もよろしく 桜花

 

なあんてね。

 

 

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

ランキングに参加しています。

応援の1クリックをしてくださると、うれしいです。→60歳代ブログランキング 

※画像は、素材サイトからお借りしているので、持ち帰りはなさらないでくださいね。

f:id:kureyonnobasann:20170410100717j:plain