読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものですから、持ち帰りはなさらないでくださいね。

半端布の消費でペタンコバッグ

前向きな話・うれしいな楽しいなの話

 

f:id:kureyonnobasann:20170411172107j:plain

ミシンでダダダッと縫うのが好きで、

いろいろな布をついつい買い込んでしまっている。

徐々に押し入れからはみ出してきてしまい、反省。

 

自分のや頼まれモノやプレゼントなどに布をたくさん使ったが、

中途半端に残ってしまうのだ。

 

ティッシュケースとか、

ブックカバーとか、

そんなものもたくさん作ってみたが、

半端布の消費が追いつかない

 

1つ作品ができると、半端布もできてしまう。

困ったものだ。

捨てるわけにもいかないしね。

 

そこで、

手持ちの本に出ていた「ペタンコバッグ」というものを作ってみた。

要するに、小学生が持っているお稽古バッグのようなもの。

マチのない手提げ。

 

本に出ていたのは、ほぼA4サイズのモノ。

 

小さいんじゃないの、と思ったが、

とりあえず、本の通りに作ってみた。

 

プロが考えたサイズだろうし、本にのせてあるのだから、

使い勝手がよいのかも。

写真じゃわからない、実際作ってみようと思って。

 

1つ作ってみた。

これが、案外ちょうどよいサイズ。

バッグからはみ出した折り畳み傘やタオルを入れて

持ち歩くのにちょうどよい。

コンビニに、財布などを入れて持っていくのにちょうどよい。

大きなバッグに入れておいて、

貴重品だけ持ち歩くときに使うのにちょうどよい。

サブバッグとして、鞄に入れて予備に持ち歩くのにちょうどよい。

 

ちょうどよいことが分かったので、

このサイズのペタンコバッグを

いくつか作って、

半端布の消費活動を進めようと決めた。

私の周りの人たちは、

また、これを無理やり持たされる運命にある。

迷惑な話ではある。

でも、知らない。

押し付けちゃうもんね。

 

昨日までに、5つ作った。

ひとつめは、さっそく母に取られた。

使ってもらえるなんて、ありがたいことだ。

 

もともと気に入って買った布たち。

半端に残っていたもので、

使勝手のよいペタンコバッグが作れる。

 

これでまた、しばらくの間、

健全な暇つぶしができる。

 

精神安定には、すこぶる役立つ趣味だ。

 

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

ランキングに参加しています。

応援の1クリックをしてくださると、うれしいです。→

※画像は、素材サイトからお借りしているので、持ち帰りはなさらないでくださいね。