読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものですから、持ち帰りはなさらないでくださいね。

手押し信号

雑談

 

f:id:kureyonnobasann:20170414191037j:plain

こんな真夜中に、誰が人のブログなんぞを読みに来てくれるのだろう。

きっと、だあれもいないでしょう。

でもいいや。

 

 

図書館に行く途中に、手押し信号がある。

誰も待っていないときもあるし、

数人待っているときもある。

 

誰かが待っていると、

自分もただただ、ぼうっと待っている。

私の後から来た人も、待つ。

 

ぜんぜん青にならない。

 

そして、気が付く。

 

あ、誰も、押しボタンを押してないじゃん。

 

誰だよ~~、最初にここで立ち止まって待ち始めた人は?

 

次に来た人は、もう待ってる人がいたら、押ボタン押さないよ、普通。

 

最初に待ち始めた人の責任じゃん。

 

でも、まあ、自分も押そうとしなかったから、しかたないか。

 

 

 

私が、「自分って、ちっちゃいなあ」

 

と思えるのは、ここからの思考。

 

「あのね、私が最初に待ち始めたんじゃないんですよ」

 

って、心の中で、言ってしまう。

 

できたら、私の後から来て待ってた人の心の中に、

 

テレパシーで伝えたいなんて思ってしまう。

 

誰も、私を責めちゃいません。

 

誰も、私を、うっかりさんだなと馬鹿にしたりもしていません。

 

でも、気になってしまう。

 

みなさん、こういうことってないですか。

 

「俺じゃない、俺じゃないぞ」「私じゃないですよ」

 

って言いたくなってしまうこと。

 

 

ないかあ。

 

そうかあ。

 

やっぱり、変な奴なんだ、私。

 

 

その証拠に、真夜中に、こんなこと書いてるもん。

 

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

ランキングに参加しています。

応援の1クリックをしてくださると、うれしいです。→60歳代ブログランキング 

※画像は、素材サイトからお借りしているので、持ち帰りはなさらないでくださいね。