茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

おさななじみ 

幼馴染。

そこはかとなく、淡い思い出が‥‥‥。

あるでしょ。

 

そうよね。

幼馴染って、いいんだろうなあ。

 

先日、居酒屋で、幼馴染の話になった。

 

そして、

私には、幼馴染はいないことがわかった。

一緒に飲んでた友人たちも、いないって言ってた。

 

ウチの周りは、ほとんど、2世帯住宅。

私のウチも、そう。

ご近所を見れば、小さい頃から知っている、

今はおじさん・おばさんになった人たちが、いっぱい、住んでいる。

だが、しかし、そこに私の幼馴染はいない。

私は、ご近所付き合いが、へたくそだから。

 

小学校の頃に遊んだ人たちは、ご近所に今も住んでいる。

でも、小学校の頃だけ、遊んだ人、なの。

幼い時だけ馴染み、なの。

仲よく遊んでくれた人も、

意地悪してくれた人も、

意地悪しちゃった人も、

みんな、住み続けているのに、

今は、ただの、ご近所さん。

 

小学校のころは、近所のみんなでよく遊んだ。

中学校に入ると、部活仲間しか付き合いがなくなり、

高校に入ると、その部活仲間との付き合いもなくなり。

今、私の一番古い友人は、中一のクラスが一緒だった人だが、

そんなに親しくはしていないし。

 

幼馴染、もう、作れない。

いいなあ、幼馴染がいる人。

小さい頃からずっと親しくしてる人がいるなんて。

退職して、2年。

昼間、家にいても、ご近所さんに親しい人はいない。

ずっと、ここに住んでいるのに、である。

挨拶くらいしか、していない。

町内旅行にしかたなく参加したときも、

見知らぬ人ばかりであった。

もう、行かない。

 

先日、道端で会った、小学校の頃から知っている人。

ん十年ぶりで言葉を交わした。

 

同じところに住み続けているのに、

人間関係を継続できてないなんて、変かな。

 

あ、でも、地域で嫌われているとか、

仲間外れになってるとかじゃ、ないと思う。

ゴミ出しのときに、立ち話くらいは、する。

 

朝、7時に出かけて夜遅く帰ってきて、

休みの日は、出かけるか、もしくは泥のように寝て。

そんな生活を38年間していたので、

仕方ないのかなあ。

 

そして、この、薄いけど冷たくないというご町内の雰囲気を、

けっこう住みやすく感じている。

おせっかいじゃないし、

他人んちのことで何か言う人もいないし。

でも、ちょっと、誰かを2,3日見かけないと、

〇〇さんちのおじいさん、どうしたかねえ、

なんて言ってたりするし。

 

でも、でも、一人くらい、幼馴染、とっとけばよかったな。

 

 

 

ここまで書いてきて、「幼馴染」ってなんだ?

なんて立ち止まって考えた。

嫌な予感がしたので、広辞苑ひいた。

 

幼馴染  幼い時、仲良く遊んだ人。

 

と書いてあった。

 

え、友だち関係を継続していなくても、幼馴染って言うんだ。

えええ~~~っ!!!

そうかあ、

それじゃ、

いっぱいいるんだ、私にも、幼馴染は。

幼馴染って、幼い時からずうっと仲良しさんを続けている友達のことかと思っていた。

 

 

還暦過ぎても、こんな普通の日本語の意味を、

勘違いして使っていたことが、恥ずかしい。

 

それじゃ、この記事は、

内容が、

ひっくりかえっちゃうじゃない。

 

 

ランキングに登録しています。

応援の1クリックを、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村