茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

聞いてください。また、喧嘩してしまいました。  追記しました。

母と、また、けんかしてしまいました。

 

また、というのは、一か月くらい前にもしてしまっていたからです。 

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

 

母は、いじっぱりなんです。

私も、いじっぱりなんです。

互いに、面倒かけたくないという自立心が、

うまく甘えられないという悪循環になってしまっているのです。

とくに母は、

相手に、何かしてもらうのが申し訳ないと思ってしまう人なんです。

相手に、時間を使わせたら申し訳ない。

相手にお金を使わせたら、申し訳ない。

何かいただいたら、きっちりお返しを準備する人なんです。

父が亡くなってから、自分がもっと頑張らなくちゃと思っているみたいなんです。

子供に絶対迷惑かけたくないと思っているんです。

ぎりぎりまで、私に介護させたくないんだそうです。

(すごく、私のことを思ってくれているのがわかります)

そして、それに加えて、

年を取ったから何かができなくなったと思いたくない人なんです。

(この気持ちはよくわかります。私もそうだから)

昭和ヒトケタ、戦争をかいくぐって生きてきた人です。

やわな神経じゃありません。

 

今まで自分でしてきたことは、全部、自分でやりたいんです。

(この心意気は、ほんとうに立派だと思います)

意地でも、自分でしたいんです。

私にも、遠慮するんです。親子なのに。

私にも、気を遣うんです。私がいいって言っても、です。

 

こんな親子が、ふとしたことで、もめます。

 

何で、素直に、「ありがとう」にならんのじゃ。

何で、素直に、「ちょっと、これ、やって」って言えんのじゃ。

 

今日も、他の人から見たら、あほみたいなことが原因。

 

「お使い」が原因。

 

昨日から腰が痛くてじたばたしてるくせに、

何回言っても、病院に行かないと言います。

もう、自分の親なのに、馬鹿なんじゃないのと思ってしまいます。

 

そして、さっき、買い物に行くと言うのです。

がらがらと買い物のカートをひっぱって、一人で行くと言います。

母の足だと、往復40分はかかる距離。

今日は、頼んでおいたものを受け取らなくちゃいけないから、

自分で行くと言いはります。

 

 

その腰で行くの?

私が、受け取って来るよ。

 

でも、だめでした。

 

帰り、荷物重くなるでしょ、と言ってもだめでした。

 

 

仕事してるんでしょ、それやってなさい。

一人で行けるから、大丈夫。

 

ですって。

 

私が今しているのは、ボランティア仕事だから、締切ないので、

そんなにがんばらなくていい仕事なのです。

それなのに、ちゃんと、させたいみたいです。

頼まれたことは、さっさときちんとなさいね、という母の思いなのでしょう。

(母の思いは、頼まれごとはきちんとしなさい。仕事は責任を持って。

 わかるけどさ~~~)

 

それで、私は、腹を立てて、母の思惑通りに仕事をしたりせずに、

ここに、感情をぶちまけているわけです。

完璧に、母の思いを、無にしています。

親不孝です。

 

でも、母も、子不孝だと思いませんか。

 

母が帰ってくるまで、心配は続くのに。

そんな心配の時間、無駄だし。

私が行ってきちゃった方が、どれだけ、楽ちんか。

 

それでも、母の自尊心を傷つけちゃいけないんですよね。

母の思いを尊重しなくちゃいけないんですよね。

パソコンの前に座り続けて、

こんなこと、ブログに書くことができるのは、

もうすぐ90なのに、自立している元気な母のおかげなんですから。

 

だいたい、こんなことに、腹を立てている、私の方が悪いのが、

よくわかっているから、悔しいし、自己嫌悪なの。

私が変わらなくちゃいけないんですよね。

修行だ~~~。

 

最後まで聞いてくださって、ありがとうございます。

気が済みました。 

 

ランキングに登録しています。応援のクリックお願いします。


にほんブログ村

    クリックしてくださり、ありがとうございます、うれしいです。

    母との仲直り、頑張ります。

 

追記‥‥‥

  いただいたコメントを読ませていただいたら、ちょっと涙ぐんでしまいました。

  同じことを感じている方がいるんだなって、思って。

  お若いのに、気もちの伝わる文章でコメントを書いてくださっていて、

  私の気もちも柔らかくなりました。

  彼女のコメントのおかげで、

  母に、

  「無事に買い物に行ってこられて、よかったね。

   私も母さんのおかげで仕事が進んだよ、ありがとう」

   って素直に言えました。母も、うれしそうした。

追記の追記‥‥‥

        同世代の方からのコメントに、このあと気が付きました。

   私だけじゃないんだ、

   同じように親との関係を考え中なんだなと、心強く思いました。

  

 

  ブログに助けられた日でした。ブログやっててよかったです。

  応援ポチも、ありがとうございました。