読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものですから、持ち帰りはなさらないでくださいね。

電車の中のダメ夫婦。いや、ダメは私か。

2005.05.29の私

 

今日、昼間の空いている電車に乗った。

立っている人が10人くらいだった。

 

私は、3人席の前に立った。

そこには、家族連れと思われる人たちが座っていた。

30代半ばくらいのご夫婦と3歳くらいの女の子。

どこか、親戚の結婚式にでもいくのかしら、というような、きれいなカッコしていた。

パパさんは、女の子に、「足をぶらぶらさせないの」とか、

「そんなに動くんじゃないの」とかいろいろ車内マナーを話して聞かせていた。

うんうん、今時の若いパパさんにしては、まともなこと言ってるなあ‥‥‥

 

しかし、その前に、そんなチビ、抱っこしなくちゃね。

 

そう思っていると、次の駅で80前後の女性が乗って来た。

そうして、私の近くの棒につかまって立っている。

 

当然、チビを抱くか、両親のどちらかが立つと思った。

 

なのに、なのに、このダメ夫婦、そのままパパは目をつむり、

ママは下を向いて、チビのご機嫌取りのふりをし始めた。

だめでしょ~~~~。

というか、

ふざけんじゃないよ。

さっきの、かっこつけた「躾」は、どこに行ったのさ。

よっぽど、「もしもし席を譲ってくださいな」

って言おうかと思った。

でも、ママさん、妊娠中かしら。

パパさん、そうは見えないけど、体調悪いのかしら。

子供の前で、両親に行けんなんかして、教育上よくないかしら‥‥‥

おばあちゃんが、かえって気まずい思いをしちゃうかも。

なあんて、あれこれ思っているうちに、自分の降りる駅に着いちゃった。

何もできなかった自分。

自己嫌悪。

後味悪~~~~。

‥‥‥以上、12年前の私。

 

今なら、迷わず、声掛ける。

「よかったら席を譲ってくださいな」って。

あのころの私は、情けない。

いやいや、今なら、私が立った時点で、席を譲ってもらえたかも。

 

 

ランキングに登録しています

応援の1クリックをしていただけると、励みになります。

ささやかな暮らしブログランキング

ありがとうございました。