茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

よく検討しないで冷蔵庫も買ったの。賢くない消費者なんでしょうね。

先日、洗濯機が壊れたので、慌てて買ったことをここに書きました。

 

そのとき、冷蔵庫も買ったのです。

冷蔵庫の方は、壊れてはいなかったけど、そろそろ替え時かな、とは思っていたので。

ただ、こちらも、洗濯機の都合で、急な購入となってしまいました。

 

一緒に買った方が、値引きも大きい。(これが一番の理由)

設置する準備も一度ですむ。

配送も一度ですむ。

同時購入は、そんな理由で。

 

もともと、母も私も、家電にこだわりはありません。

そこそこの機能で使いやすければOK.というスタンス。

だから、普段から何も情報を集めていなかったのです。

今回、一度お店に行って、私が説明聞いて、パンフいただいて、

家で値段やサイズや機能をパンフ見て検討して。

もう一度、母と二人でお店に行って、

前回説明していただいた店員さんに再度質問し、

購入に至ったというわけです。

 

両方の代金や諸経費込みで、20万もする買い物を、

そんな買い方でしかできない私たち親子。

 

消費者としては、落第なのでしょうね。

 

他店との比較とか、

パンフの熟読とか、

そういうこと、できないのです。

洗濯機は6,7年。冷蔵庫は10年が寿命です。

と言われたので、次回の購入時には、事前調査しようとも思ったのですが、

その時は、ワタクシ70代。

もう、そんな気力もないかもなあ。

 

きれいな冷蔵庫を前に、母はご満悦。

それでいいか、母が喜んでいるなら。

そう自分を納得させて、おしまいにしました。

20万円、年金所帯には、大きい額ですから、よく考えないといけないのにね。

 

ところで、前の冷蔵庫には2002.8.23の文字が。

購入年月日を父が書いておいたのでした。

15年かあ。冷蔵庫君も、よくがんばったね。

いっぱい電力使ってたみたいだけど、許す。

最後にきれいに拭き清めて、お疲れ様でした。でサヨナラしました。

 

去年は、エアコンが2台、ダメになり、

掃除機と電子レンジもダメになり。

ここ2年は、家電のための出費が大きくて。

また、10年くらい後に、こういう日が来るのかなあ。

「家電貯金」しておいたほうがいいのかなあ。

 

これをきっかけに、つらつらと考えたことがあります。

それは、お金のことに関した将来設計。

退職した頃は、こんなことを想像していなかったのです。

ざっくり、月に生活費いくらくらい使うから、年間で貯金をこのくらい崩していくんだな、くらいしか計算していなくて。

もう少し、きちんと、「将来必要なお金」、計算しなくちゃいけないと思いました。

いまさら何言ってんの、と、しっかりした方から見れば呆れるでしょうけれど。

生来ののんきものなので、こんなことになってしまっています。

これから、母の介護料とかも必要になってきますよね。

自分だって、どうなるかわからないし。

2人で寝込んだら大変です。

あ~あ、考えたくないなあ。

いやいや、考えなくちゃいけません。

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村

ありがとうございました。