茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

「他人のことなんか、かまっちゃいられない」若い店員さんはよく笑う。

こんにちは。

昨日、友人たちと出かけました。

用事がすんでの帰り道。

駅に近いショッピングビルに寄りました。

あちこちのお店を見て楽しんで、ちっちゃな買い物をしたり、

しゃべったり。

最後に寄ったのは、若者向けのお洋服が並んでいるお店。

友人は、ガウチョの試着。

もう一人の友人も、あれこれ捜索中。

私は、目に入ったシャツが気に入り、袖の具合や襟の具合を確かめていました。

着ていたシャツが薄手だったので、その場で気に入ったシャツを羽織ってみたりしていました。

そうしたら、試着室から友人が

「ねえ、どうかなあ」

と声を掛けてきました。

それまで、結構振り回されてた感があった私は、

思わず、

「今、自分の試着で手一杯、他人のことなんかかまっちゃいられない」

と叫んでしましました。

そうしたら、店員さんたちにものすごく受けてしまって。

彼女たちは、笑いをこらえられなくて気の毒でした。

若いっていいなあ。

 

その後、自分の買い物が済んだので、

友人のを見てあげました。

正直に感想を伝えました。

「それは、おなかがちょっと」

「それは、二の腕がねえ」

「これはいい感じよ」

「何か羽織ればOK」

「お店の方の前で申し訳ないけど、

 気になるところがあるなら、買わない方がいいよ」

その会話を、またまた店員さんは、

笑いながら聴いていました。

そして、

「そうですよね、気になるところがあると、結局手に取る回数は減ってしまいますよね」

とおっしゃって。

明るくて正直な方だなあと思い、好感を持ちました。

友人も、彼女のアドバイスも受けて、気持ちよく買い物をして満足していました。

 

買い物は、ひとりの方が、相手を気にしなくて気楽でいいのですが、

こういう買い物も、実は楽しくて好きです。

 

また、三人で楽しく買い物に行けたらいいなと思いながら、帰りの電車に乗りました。

 

ストレス解消にもなったお買い物は、シャツ一枚。

半額でしたが、大事に着ましょう。

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村

ありがとうございました。