茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

アラカン娘とアラ卒母の、ミニ押し入れ片付け顛末(番外編)母の捨て物の勢い止まらず

本当にいいのか?

と思わず止めたくなる母の捨て物。

 

昨日、叔母が、わが家で使わない食器などを引き取りに来てくれた。

 

そうしたら、母は、

そうだ、台所の棚の上のものも、持って行ってもらっちゃおう。

と言い出した。

 

モノを減らしたい私も、びっくり。

 

そこは、また、母が落ち着いたら手をつけようと思っていたところ。

 

でも、母は、思い立ったら一気の人。

 

ついでに持って行ってもらう。

と譲らない。

 

じゃあ、

そこまで言うのなら、

と台所の棚の上からも、

引き出物類の未使用の食器の箱、4つ。

あら、鍋セットも。もちろん未使用。

私が見ても、もったいない、あげちゃうのと思うようなモノ。

木箱に入った箸セットなんて、20膳くらいあった。

 

全て、叔母に持っていってもらった。

 

叔母曰く、

「ここん家は、義兄さんの付き合いが広かったからなあ。

 こういう、もらったもんが、いっぱいあって、大変だったね。

 うちで使える物ばかりだ。今の古いの捨てちゃうから。

 こんなに貰っていいのかな、ありがとうね」

と、びっくりしながらも、気持ちよく持って行ってくれた。

 

 

母は、台所の、棚の中もきれいにしたいそうだが、

ちょっと、勢い、止めた方がいいのかな。

 

冷静さに欠いているのか、

腹をくくったのか、

私にはさっぱりわからん。

 

さっき、しみじみと、

これだけ、頂いて使わなかったものがあるってことは、

ずいぶん、たくさんのお付き合いがあったってことだね。

考えてみると、それだけ、出て行った(お金が)ってことだよね。

と母。

 

ちなみに、今回の顛末は、こちらの記事に。

 

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

 

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村

ありがとうございました。