茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

もはや骨董品のカップでお茶しました

ラカン娘とアラ卒母の、ミニ押し入れ片付け顛末(番外編)

 

引き続き、ミニ押し入れ片付けからの話です。

 

奥から出てきたものの一つに、ティーカップセットがありました。

モノは、上等でした。

オレンジと茶系の花柄のカップ。

だが、3客しかなかったのです。

 

母は、言いました。

 

あ、これ、結婚して、2人で初めて東京のデパートで買ったものなの。

懐かしい。

こんなところに入っていたんだあ。

すっかり忘れてた。

 

それはそれは懐かしそうに話してくれました。

そうなのです、新婚間もない両親が、お出かけして買った食器でした。

「東京の」というところが、かわいいじゃないですか。

当時の2人にとっては、大奮発だったのだろうと思います。

和食器ばかりのなかに、カップとソーサーのセットは、

若い2人のうきうきした気もちが込められていたのかもしれません。

デパートでのお買い物って、きっと、そんなにできなかっただろうと思います。

それは、きっと、両親の家庭にとっては、ぜいたくなことだったと思います。

私は使った覚えがないのですが、

2人にとっては、思い出のカップなんですね。

 

カップを眺めながら、カップの行方を迷っている母に、

「迷うなら、とっておいたらいいよ。

 洗えばきれいになるし。

 3人分しかないけど、今は、母さんと私の分、2人分で充分」

と私は、心からそう思って言えました。

(ブラッククレヨンは、影を潜めておりました)

 

母は、うれしそうに、洗って戸棚にしまいました。

食器棚の最前列に並べていました。

 

そのかわりに、あまり使っていないマグカップが数個、処分されました。

普段まったく出番がなくて、ふたりとも存在を忘れていたものとか、

もういいかな、と思うキャラクターものとか、

銀行でいただいたものとか。

マグカップだけでも結構いらないものがありました。

2人であきれました。

 

その思い出の骨董品カップで3時のお茶をしました。

頂き物のお菓子とともに、紅茶。

 

なつかしそうでした。

嬉しそうでした。

きっと、父の事思い出しているんだろうと思いました。

捨てちゃえば、なんて言わなくて、本当によかったと思いました。

 

若かった2人、どんなだったんだろうなあ。

そのころの2人を見てみたい。

私より年上のカップでの紅茶は、とてもおいしかったです。

 

こんなのんびりした時間があるって、幸せなことなんでしょうね。

お互い高齢者なので、いつまで続くかわからないけれど、

一瞬一瞬を大切にしていきたいと思いました。

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村

ありがとうございました。