茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

視力ってよくなるのでしょうか?

左目に違和感を感じたので、眼科に行った。

 

あ~~、今、気が付いた。

 問診票に、違和感を、異和感って書いちゃった。

 馬鹿じゃん、私。

 

それはさておき、

診療の話。

 

地元では、眼科で有名な総合病院なので、眼科は、めちゃくちゃ混んでいた。

だからだろうか、お医者さんは、つっけんどんだった。

ちょっと怖かった。

隣の優しそうな先生がよいです、って言えもせず。

視力をはかったり、目玉の写真を撮ったりする方たちは、笑顔で親切だったのに。

 

その愛想のない先生。

目薬をびしゃっとさしてくださった。

私の目玉はそんなに大きくないで~~~す。

あふれ出て、顎までしずくが流れた。

なんだかよくわからない検査をして、

よくわからない説明をしてくれた。

終わったかと思ったら、

じゃ、ついでに、何とかの検査もしとこう。

とか言って、

車じゃないですか、とか言って、

また目薬をびしゃっ。びしゃっ。

しばらくそのままで、待合室で待ち、

その後、なんとかの検査も終わった。

 

治療しなくてはいけないところはありません。

白内障も、まだです。(まだってことは、そのうち必ずなるのか)

飛蚊症は、40代過ぎれば、あってしかたないのです。

目の違和感は、メガネが強すぎるから。

過調整です、眼鏡屋さん行ってください。

 

以上が、診断内容。

 

ああ、去年買ったばかりのメガネの度が合わないなんて。

もったいないなあ。

 

しかし、ずっと使っていたのに、

このごろになって違和感感じるようになったのは、なぜ??

 

年取って、メガネに合わせる目の体力(変な言い方)がなくなって疲れるってこと?

疲れ目とは、先生、おっしゃいませんでしたが。

 

どうしてそうなったのか、すっきりしないまま。

とりあえず、メガネを変えなくてはいけないことだけは、わかった。

 

会計が終わり、

外に出たら。

なんてまぶしいの。

目が開けられないほど。(開けたけど)

さっきの薬のせいなんだ、帰りは大丈夫って言ったじゃん。

どこが大丈夫なんだ。

信号も、向こうから来る人もよく見えず、なんだか気分も悪くなった。

こんなぎらぎらの中、歩いて帰るのかあ。

恐ろしかったよ~~~。

いくら目を細めても、ぎらぎらは、かわらない。

あの薬の後、すぐに患者を帰していいのか?

ほんとに、危なくないのか?

運よく私は家にたどり着いたけど、

あの状態で、一人で歩いて帰るって、よくないんじゃないか?

車にでもぶつかったら、その事故は自己責任?

 

いっぱい、?が浮かんできた。

そして、ちょっと、そのお医者さんの信頼度、低下~~~。

もう、来なくていいって言われたから行かないからいいけど。

 

そうそう、友人が、

メガネの度が合わなくなったってことは、

視力がよくなったってこと?

退職して、のんびりしてると、そういうこともあるんだね。

なんて言っていた。

 

ホントに、視力がよくなるなんてこと、あるのかなあ。

だとしたら、やっぱり体に無理がきてたんだね、現役の最後の頃は。

 

さてさて、新しい眼鏡、作りに行かなくちゃ。

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村           ありがとうございました。