茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

怒りの矛先がない‥‥‥医者には言えないし。

 先週、母が廊下から転げ落ちたことを書きました。

 

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

 

運よく骨折ではなくて、打撲だということで、一安心したのですが。

 

まだ痛むというので、再受診しました。

 

もう一度レントゲン。そのあとCT。

 

そうしたら、なんと、打撲ではなかったのです。

 

お医者さんは、

 

「ごめんねぇ、折れてた」

 

と、にこやかにおっしゃるのです。

 

それが、先生のキャラなのでしょう。

 

でもね、

 

笑顔で言うことかい!!

 

もう少し、お詫びの仕方があるんじゃないのかなあ。

 

「この前、見つけられなくてごめんなさい」

って、なぜ、真摯な態度で言えないの。

 

打撲じゃなくて、折れていたって、手当の仕方は同じかもしれない。

 

今日、特に何もしなかったし。

 

くっつくの待ちましょうだったし。

 

そして、来週、肩の専門の先生に見て頂くことになりました。

 

でも、母は、

 

「あの先生だから、骨折を見つけてくれたんだから、いい先生だ」

と、信頼しているようなので、

 

私は、この怒りは、腹に収めました。

 

それから、もう一つ。

 

前回出された漢方を飲んだら、母の血圧が高くなったのです。

 

だから、私は、その漢方辞めさせました。

 

そして、今日、

 

「先生、この前の漢方飲んだら、血圧が上がったので、途中からやめました」

 

とお伝えしたら、

 

「そうか、あれ、血圧あげるんだよ」

 

だって。

 

まったく、何のために、お薬手帳見せてるわけ?

 

降圧剤出てるのに、ちゃんと気が付いてほしかった。

 

母は、のんきに構えています。

 

が、私は、ぷんぷん度がマックスなので、ここに悪口書いちゃいました。

 

人間ができていないクレヨンでございます。

 

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村           ありがとうございました。