茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

またもや脱水症状で、点滴。迷惑な患者だ。

おはようございます。

 

一昨日、昨日と体調不良。

 

自分の健康管理のできなさ加減に嫌気がさしている。

やわになってしまった自分のカラダに困っている。

 

一昨日は、そんなに暑い中を出歩いたわけでもないのに、

全身がだるくて、家に戻って2時間近く起き上がれなかった。

歩き疲れたんだろうと思って、とにかく横になってればいいかと。

結局夕食も口に入れられなかった。

でも、一晩寝ればどうにか治ると思った。

 

甘かった。

気分はすぐれないまま布団の中でうとうと‥‥。

しかし、夜中に足が数回攣った。

 

朝起きても、体調不良。

それでも、起きあがれたし、

昼頃まで横になっていれば、動けるようになるだろうとの素人判断。

 

これが大間違い。

昼には、だるさが増し、食べ物も受け付けず。

頭も痛くなり‥‥‥

吐き気もし‥‥‥

 

大馬鹿だ、私。

これで、何度目だろう、こういう体調になったの。

 

大慌てで地元の中核の病院に電話したら、

今来ても診られません。2時半になります。

とのこと。

救急車で来れば、すぐに診ます、とのこと。

 

そうか、自力で行けるのは、急患じゃないんだ。

以前夜中にタクシーで行ったとき、

診てくれるって言ったから、行ったのに、

後から来た救急車が運んできた方が先になったな。

まあ、それは、仕方ない。

その人、すぐに元気そうに帰って行ったけどな。

 

迷った。

緊急に診てもらいたいけど、救急車を呼ぶほどじゃないだろう。

だって、しゃべれるし、動けるし、意識あるし。

もっと必要な人のために、救急車とっておかなくちゃいけないよ。

でも、ものすごく、気分が悪い。

これで、二時間半、待合室で待てと言うのか。

仕方ないのか。

いや、もっともっと悪化する感じがする。

 

結局、近くのかかりつけの医院に泣きついた。

昼休みの時間だったけど、ダメもとで、電話した。

電話に出て下さった。

昼に出かけてする仕事があったらしい先生は、迷惑そうだった。

電話口で、困っているのがよくわかった。

でも、「いいやそれじゃ仕方ないから来なさい」って言ってくれた。

無理を言った。

大変迷惑をかけた。

お医者さんにも看護師さんにも。

 

脱水症状だった。

点滴をしてくださり、少しは楽になった。

診て頂けて、ほんとうに感謝している。

 

昨日はそういう日だった。

 

今日は、おとなしくしていよう。

 

もう、若かったころのカラダじゃないんだって、

またまた自分に言い聞かせなくちゃいけない。

 

油断大敵だ。

 

今朝は、こうして文章が書けた。

昨夜は、気分転換にパソコン開いても、読ませていただくだけでおしまいだったもん。

今朝は、昨夜より、元気が戻ったようだ。

 

でも、油断大敵。

自分を甘やかす一日でいよう。

 

皆様も、ご自愛なさってくださいね。

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村

        ありがとうございました。