茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

たかが2000円、されど2000円。

視力がよくなってしまった(?)ので、

今使っている眼鏡のレンズを交換してもらうことにした。

 

前回眼鏡を作った時は、

どの眼鏡が似合うかプロの人が見てくれる催しで決めたフレームだし、

そのフレーム、とても気に入っているし、

まだきれいで十分使えるし。

一年ちょっとしか使っていないし。

 

だから、今回、レンズだけを、眼科の処方箋に合わせて作ってもらうことにした。

節約できるところは、節約。

なんたって、年金生活

 

それで、

支払いの時に、

この前届いた葉書を出した。

3000円引きのダイレクトメールだったから、ちゃんと持って行った。

偉いでしょう。

3000円、割引してもらって、

一週間後に取りに行く約束をした。

ここまではよい。

眼鏡のフレームのことも、

きれいに使ってますね、

これは使わなくてはもったいないです、

と言ってくれたし。

お買い物に満足しての帰宅。

 

そして、家に戻ったら、

茶の間のテーブルの上に、

なんと、その眼鏡屋さんの新しいダイレクトメールがある。

え、なにこれ。

たった今、行ってきたのに。

封筒を開けると、

「10000円につき1000円引きます」というカードが。

じゃあ、じゃあ、今回購入した眼鏡レンズは、5万ちょっとだからさ、

あと2000円引いてもらえたんじゃない。

2000円あれば、血液検査が受けられる。

 

何、このタイミング。

お値引きは、この封筒が届いた日からです。

なんて書いてある。

ありゃりゃ。。。

今回の買い物で使えたんだ、この割引カード。

 

買う時に、言ってくれればいいのに。

「今日あたり、新しいダイレクトメールが届くと思いますよ」って。

そういうこと、店員さん、知らないのかな?

販売員と、販促の人と、連絡とらないものなの?

そんな大きなお店じゃないのになあ。

 

いつも行く、デパートの洋服屋さんは、言ってくれる。

もう少しで、優待価格になりますよ、とか、セールのこととか。

ちょっと大きめのお茶屋さんでも、言ってくれる。

もうすぐ2割引きがあるけど、今日こんなに買って行きますか?後にします?

みたいなことを、言ってくれる。

 

それに比べて、

この眼鏡屋さん、不親切。

嘘つきでも、反則でもないけれど、

ちょっと意地悪じゃん。

 

腕はよくても、

おまけの眼鏡ふきを貰っても、

この2000円分の不親切さは、頂けない。

すごく、くやしい。

 

布は無駄遣いしてしまうくせに、

文房具にはさっさとお金を出してしまうくせに、

本はばんばん買ってしまうくせに、

こういうのは、くやしい。

 

ただのケチ女。

 

帰って来た義妹にことの顛末を話したら、

一緒に憤慨してくれた。

 

 

今度、眼鏡を取りに行くとき、

私は、言うと思う。

「家に帰ったら、割引の封書届いていました。

 一日待てば、割引がきいたのに。

 残念だったなあ、運が悪かったなあ」

と明るく微笑みながら、相手の目を見て、必ず言おうっと。

 

言わないと気が済まないのは、

やっぱりおばちゃんだからか。

 

お店にはお店の言い分があるのでしょうが、

おばちゃん的には、なんだかなあ不親切だなあって思ってしまう。

そのことを、お店の人も知った方がいいんじゃなかろうか。

 

でも、お店のためでなく、自分の気がすまないから言うだけだけど。

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。