茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

朝から笑える話です。雨の日のできごと。

おはようございます。

皆様、気分よく、一日が始まりますように。

 

梅雨。

なんとなく、また、昔を思い出した。

 

小学校は、田んぼのまん中にあった。

今考えれば、へんなところにあったものだ。

現在は、周りは家が建ち、大きな道もできているけど、

当時は、田んぼとどぶ川に囲まれていた。

 

この時期になると、カエルの声がうるさかったのを覚えている。

教室の窓を開けておくと、カエルの声がよくきこえてきた。

 

晴れた帰り道には、干からびてしまったカエルが、地面に張り付いていたりもした。

要領の悪いカエル君たちである。

 

ところで、

子供は、どうして、わざわざ水たまりに入るのだろう。

 

 

と書いて、ちょっとドキッとした。

 

そう言えば、

私、大人になっても、水たまりに入るの好きだった。

職場の友人と歩いていて、

私がわざわざ水たまりに入る様子を見た彼女は、

あきれていたような気がする。

 

 

でも、最近、水たまりに入りたいと思わなくなったな。

これが、老化かな。

いや、成長か。

 

ラカンが、好き好んで水たまりに入っていたら、

ほぼ疑われるだろうな。

保護されるかも。

 

 

雨関連で、思い出したことがもう一つある。

 

就職した年。

疲れ切っていた。

今の言葉で言えば、ブラック企業だったから。

そうして、疲れがたまった4月のある日の朝。

 

雨が降っていた。

仕事に行くのに、薄い水色のスプリングコートを着て行った。

ふんわりした色で、形もふわあっとしていて、気に入っていたコート。

 

電車に乗った。

席はうまっていたので、吊革につかまった。

 

そうしたら、

「ここ、座りな」

って、40代くらいの男性が、席を譲ってくれた。

いっしゅん、なぜ席をゆずられたのか分からなかった。

私は、22歳。若いんだよ~~~。

 

でも、疲れていたから、座っちゃった。

ありがたかった。

 

数日後の晴れた日。

肌寒かったので、この前のコートを着て出勤。

いつもの時刻に通勤電車に乗った。

そうしたら、

先日の男性が、

「ねえちゃん、こっちこっち」

と手招きし、また席を譲ってくれたのだ。

 

謎である。

ありがたくすわっちゃったけど。

 

職場について、更衣室で会った同僚に、この出来事を話した。

 

謎は、氷塊した。

 

 

「きっと、妊婦さんに間違えられたんだよ。

 そのコート、ふんわりしてるじゃん。

 そして、クレヨンさんは、いつも顔色悪いじゃん」

 

そうだったのか。

誤解して、親切に譲ってくれていたんだ。

2回も譲ってくれるなんて、

ほんとうに親切な人だ。

申し訳なかったなあ。

 

 

当時の私、痩せていた。

エスト58のスカートはいていた。

コートを着ていなかったら、妊婦さんには見えないな。

コートのせいで、席を譲らせちゃった。

 

なんだか、きまり悪くて、乗る車両を変えたっけな。

 

そして、ほとんど化粧をしなかった私は、

その後チークを塗るようになったっけ。

 

しかし、

こんなことがある前に、

誰も、

「顔色悪く見えるよ」って言ってくれなかったな。

友だちがいのない人たち。

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。