茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものが多いので、持ち帰りはなさらないでくださいね。

笑いのツボ、いつはまってしまうか、わからないから恐ろしい。

 最初のシャンプーが終わって、鏡の前の席に座った。

「今日はどうしましょうか」

と言う美容師さんと鏡の中で、目が合った。

 

思わず、笑ってしまった。

 

紺色のTシャツ。濃いカーキのパンツ。

同じだった。

同じ色合いの服を着た二人が、並んでいた。

なんだかおかしくて、笑っちゃった。

あんまり笑っていてもおかしなおばさんになってしまう。

だから、腹筋に力を入れて、笑いをこらえた。

いま、思い出したところ、そんなにおかしな出来事じゃなかったな。

どうして、笑いが止まらなかったんでしょ。

 

「あ、僕も、今、それ言おうと思ったんです」

「お店に入って来たときは、気が付かなかった」

「僕もです、今、鏡の中で並んでいるのを見て、気が付きました」

鏡の中には、アラカンと30代男子の、ペアルックが映っていた。

 

そう言えば、以前、晩秋の街で買い物していて、出会ったときも、

よく似たコートを着ていたなあ。

 

趣味が合うので、髪型もお任せで安心していられるのかなと、ちらっと思った。

関係ないか?

 

 

話は変わる。

 

あら、どんぐりの帽子だ。

前の方の吊革につかまっている高校生くらいの男の子。

バスは立っている人が10人くらいの込み具合で、

見通しがよかった。

後ろの席に座った私から、彼がよく見えた。

彼の髪型は、どんぐりの帽子をかぶったみたいに、裾の方がぐるっと刈り上げられている。

今時のファッションなのか。

それは、アラカンにはわからない。

でも、あ、どんぐり、って瞬間的に思ってしまったら、もうおしまい。

笑いのツボにはまってしまって、

ど、どんぐりだっ、かわいい、おもしろい、ぷぷっ、どんぐり~~~。

一人で、下を向いて笑っている不気味なアラカンになってしまった。

 

笑いのツボ、いつはまってしまうか、わからないから恐ろしい。

 

いつぞやは、お葬式で、聞いたことのないお経の節回しが、笑いのつぼにはまってしまって、

難儀したっけなあ。

若かったから、何でもおかしかったのかな。

そういうお年頃ってほんとにあったな。

 

今日も、ふふっと、笑える出来事があるといいなあ。

 

皆様も、ふふっと笑える出来事に出会えるといいですね。

よい一日を!!

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。