茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

完璧主義の裏にあるものは、自己批判と劣等感★1分おしゃべり

 「完璧主義の裏にあるものは、自己批判と劣等感」

今読んでいる「あしたの君へ」柚月裕子著の中から飛び出してきた言葉。

 

そうなんだよ。

 

完璧主義って、たいてい自分を許せることができない。

完璧主義って、自分が好きになれないことが多い。

完璧主義って疲れる。

がんばってもがんばっても、まだまだだって思ってしまう。

 

そういうことに気がついてはいたけれど、

主義替えがなかなかできなかった。

 

なまじ周りの評価がよく、

自分でも達成感を感じることも多かったからね。

 

だから、とても疲れていた。

自分を追い込むことが多かった。

頑張った達成感が大きかったこともあったけど、

キャパ以上のことを自分に課してしまっていた。

 

それじゃ、心身ともにばててしまう。

わかっていた。

 

今、

そんな自分と、だんだんさよならできてきている。

でも、まだ、時々顔を出してきてしまう。

 

ニンゲンハ、イッショウ ジブンノ ホンシツヲ カエルコトハ デキナイノダロウカ。

 

いくつになっても自分との付き合い方がへたくそだ。

 

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。