茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録「あしたの君へ」柚月裕子

あしたの君へ

柚月裕子 著

文藝春秋

 

家庭調査官の補佐、かんぽちゃんこと、望月大地が主人公。

家裁に来る相談者たちのさまざまな相談の裏にある、真実。

表面だけでは人は理解できない。

表に出そうとしない、出せない真実を見つけて、相談者たちの未来へと道を続けてゆく仕事。

 

窃盗犯の少女、ストーカー犯の少年、離婚を望む妻たちの秘密真相を、彼らの未来のために悩みながらよりそってゆくかんぽちゃん。

 

人の事情の裏には、想像できないことがいっぱいあるんだな、

表面だけで人を理解したつもりになってはいけないな。

あたりまえのことだけど、あらためて、そう思わされました。

 

人と付き合う時、

表面上の笑顔だけで判断してはいけないかもしれない。

でも、深く詮索すべきじゃない。

 

距離感が難しいね、人と人って。

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。