茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

そんなんじゃ、泥棒入るよっ。

三か月ぶりの集まりがあった。

おしゃべりのネタがたまる丁度良い間隔かもしれないなあ。

楽しみにしているおしゃべり会の一つ。

 

会が始まるのに、一人、来ない。

 

あれ、どうしたのかしら。

あの人、うっかりさんだからなあ。

多分、忘れちゃったんでしょ。

でも、何かあったら、大変だよねえ。

入院してるとかさ。

 

親切な一人が連絡を取る。

 

なんと、こんな返事が返って来た。

「あ、忘れちゃった、今、別荘に来ているの」

 

う~~む、お金持ちめ、優雅じゃないの。

 

悪気はないので、忘れちゃったことは許すとしよう。

 

やっぱり思った通りねで、済んでしまう彼女のキャラは、貴重。

似たものどうしの集まりだから、気にならないの。

 

そうして、電話で話しているうちに、

「新聞止めるのも、忘れちゃった」

などと、言い出す。

 

それは、まずいんじゃないかしら。

かなり、まずいよ。

新聞、あふれてるよね。

留守を知らせているようなものよね。

 

 

Aさんと2人で、帰りに、彼女の家に行く。

泥棒みたいに、扉を開けて、庭に入る。

門扉にカギはかかっていなかった。郵便受けから、たまった新聞や郵便物、宅配不在票を取り出して、

家が近いAさんが、預かることに。

 

「宅配の不在票まで、入っていましたよ。

 新聞もあるから郵便受け、満杯でした。

 門の扉の鍵もかかっていなかったですよ」

 

そうしたら、なんと、

「え~~、門の鍵?

 そんなのあったっけ?

 かけたことない」

 

「ありますよ、鍵穴ありますよ」

 

「知らなぁい」

 

まったく、おおらかです。

 

 

そう言えば、彼女は、以前、泥棒に入られたって言ってた。

 

大丈夫かなあ。

今回も、長い間、留守って、丸わかりだったけど。

 

みんなあ、夏の旅行、計画してますか。

長期の留守のときは、新聞止めるのお忘れなく。

 

 

泥棒って、どうして、泥の棒なんだろ。

どういう意味なのかなあ。

どうでもいいけど、ふと、?が浮かんできた。

 

語源が分からないで使っている言葉なんて、いっぱいあるもんね。

 

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。