茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

夏休み・中学時代は部活のみでしたね。

うちの周りの小学生や中学生も、夏休みに入ったようです。

夏休み。

いい響き。

今は、365日連休の身にとっては、夏休みのありがたさはもうありません。

なんだか、寂しいなあ。

贅沢かな。

 

私は、中学時代、テニス部に所属していました。

 

当時の部活は、半端なく厳しかったです。

非行防止策かどうか知りませんが、部活で中学生を学校に縛り付ける作戦だったのかもしれません。

私の通っていた中学は、結構不良の方々もいましたから。

中学が荒れていた時代でしたね。

 

どこの運動部も、毎日毎日、部活。

お盆だけ、3日間休みだったと思います。

顧問の先生も大変だったでしょうね。

うちの部は、市内で強かったので、OBもよくコーチに来てくれていました。

大学生の貴重な夏休みを、中学生の部活指導に使ってくれていた先輩方が、4,5人いらっしゃいました。

 

炎天下のテニスは、今思えば、無謀だったのでは、と思うくらい厳しかったです。

当時は、休憩のときしか水も飲めないし。

延々と練習は続くし。

当時から虚弱なお姫様体質だった私は、暑さに耐えられず、よく貧血を起こしました。

そうすると、涼しい室内で休めます。

 

‥‥ということは、ありませんでした。

 

「そこの渡り廊下で、寝てろ~~~」

の先生の声で、校舎と校舎をつなぐ渡り廊下の、すのこみたいな板の上に、ごろりと横になっているだけ。

ずっと寝てると、他の部員の手前、気まずい。

神経がずぶとくなかった当時の私は、そそくさと練習に戻ったものでした。

よく病院送りにならなかったものですね。

 

今の部活って、どうなんでしょうねえ。

いまだに、こんなことやってるのかしら。

給水は、こまめにしているらしいけど。

 

あの頃は、何も考えず、先生やコーチの言う通りに練習していました。

今考えると、やっぱり、無謀だったような気がしますね。

鍛えてくださってありがとう、とは、思えません。

 

こんなことをつらつら思い出して、今、ひとつ、言えることは、

ラカンの今になって体が弱くなったのではなくて、

昔から他の人に比べて頑丈ではなかったのだから、

今の体力低下をそんなに嘆くことはないなあ、ってことかな。

なんだか、おかしな結論になってしまいました。

 

今日も、低空飛行で、元気に過ごしたいと思います。

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。