茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

「手帳は高橋」の高橋書店さんから、来年の手帳の案内が届きました。

 今日は、7月23日。

郵便受けに入っていたのは、来年の手帳のご案内でした。

 

手帳好きの私としては、うきうきしてしまう郵便物です。

買う買わないは別にして、

手帳関係の雑誌を読んだりお店で見たりするのも好きです。

ちょっとオジサンが入っているのかもしれません。

あ、でも、今時は、手帳女子もいるそうですから、

男女はあんまり関係ないか。

まあ、とにかく、手帳好きです。

 

どうして好きなのか。

それは、そこに未来が描けるからだと思います。

未来の自分との約束ができることが楽しいのでしょう。

ラカンでも、未来はあります。

明日は、未来の一日目ですから。

 

毎年使う手帳は、最近固定されてはきたものの、

それでも、毎年、あちこちの手帳情報を求めてしまいます。

それが楽しいのだから不思議なものです。

 

さて、今日届けてくれた封書の中身はというと。

 

2018年度版「プレミアム・オーダー手帳」「大型当用新日記」のご案内

 

A4サイズの白い封筒に、入っているカタログ。

いい紙使ってますね~~。

 

f:id:kureyonnobasann:20170723171309j:plain

 

1頁を開く。

 

欲しい。カッコいい。革好きとしては物欲ふつふつです。

 

ヨーロッパ製の最高級本革カバー。

本体の側面は、金箔仕上げ。

黒革に金箔。きれいな組み合わせ。

職人さんの一つ一つの手作り。

書きやすい専用用紙。

名入れサービス。

 

欲しいに決まってるじゃん。

 

181mm×93mmは 週間はレフト式・月間は横ケイ式

169mm×98mmは、週間はレフト式・月間はブロック式

158mm×112mmは、週間がレフト式・月間がブロック式

すべて、11500円です。

 

次年度からは、中身だけ買えばいいので、決して高い買い物ではないでしょう。

お勧めです。

 

 

でも、残念。

 

私は、週間がバーティカル式・月間がブロック式に決めているのです。

高橋書店さんの「ニューダイアリー アルファ11」

 

これが、廃盤にならないことを、毎年願っているのです。

 

高橋書店さん、

今回のご案内のよいカバーの手帳は買えませんが、

「ニューダイアリー アルファ11」は、絶対に、廃盤にしないでくださいね。

 

今使っている赤い革のカバー。

だんだん貫禄がついてきました。

大事に使いましょう、浮気しないで。

 

でも、毎年、このご案内が届いたら、

いつかどこかのタイミングで、

これ、注文しそうです。

魅力的。

 

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。