茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

♪ぱんぱん、ぱんぱん、フライパン。あったらしぃ~フライパン~♪

うかれています。

 

新しいフライパンを買いました。

ただ、それだけの記事です。

ここで、読むのやめても、損しません。

 

 

わが家は、IHコンロを使用しています。

このコンロは、おしゃべりです。

「〇〇が、なんたらしたので、加熱をやめます」

などと言って、勝手に過熱をやめたりする、生意気なコンロです。

機械のくせに、こちらの意思に反して、勝手に過熱をやめちゃったりするのです。

 

フライパンをよく使います。

大小、2個を使っています。

この、小さい方のフライパン。

長年使っておりまして。

経年劣化とでもいいましょうか。

底が、平たくなくなってきています。

そんなに乱暴に使っているわけではないのに。

不思議なことです。

私の骨密度が減るのと同じく、フライパンの鉄密度も減ったのでしょうか。

 

この小さいフライパンで、調理をしていると、

最近、よく、「勝手に過熱を辞めちゃうからね事件」

が起きていました。

 

ほんとに、むっとします。

途中までフライパンを認識してたくせに、

ちょこっと動かしただけで、認識できないIHの方が悪いと思うのですが、

IHは、偉そうに、「認識できません。加熱やめます」

 

もう、私も母も、IH相手に口答えし、

ののしり、なだめすかし。

でもIHに心はないので、そういうこちらの気もちは伝わりません。

 

さすがに、母子して、

「もう、このフライパンは、諦めよう。

 ガスなら使える状態だけど、

 この融通のきかないIHには、使えない」

そう意見が一致しつつあったわけです。

諦めがついてきたわけです。

 

で、先日、通院の帰りにふらりと寄ったデパートの売り場に、

きれいなフライパンが並んでいて、

これも出会いだ、今日買って帰ろ、荷物多いけどさあ。

ということになり、

サイズを調べ、

持ってみたり振ってみたり、

同じサイズなのに、値段の差はなんなのさ。

とかいろいろ考えて、

レジへ。

 

「はい、お待たせいたしました。

 ガス用のフライパンでよろしいですね。」

 

え~~~~。

いやいや、違います。

IH用。

さっきよく見て決めたのに。

なんで、2人して、間違えるのか?

 

よくよく見れば、置いてある値札と説明書き、隣のフライパンのだったの。

 

お店の方が、ちゃんと確かめてくださってよかったです。

こういうところが、店員さんのプロなところ。

客に恥をかかせない、出しゃばらない言い方で、確認してくださる。

ありがたいことです。

 

無事に買ってきた新しいフライパン。

 

もう、IHに、存在を否定されることはなくなりました。

 

気持ちよいです。

最初から最後まで、IHのおせっかいに邪魔されずに料理ができる。

 

フライパンを新しくしただけなのに、

ウキウキ気分。

 

なのに。

なぜなの。

 

昨夜、母が使っていたのは、

古いフライパン!!

 

なぜに?

 

あんなにIHに口答えされて、むっとしてたくせに。

 

捨てられないんですね、母には。

「まだ、使える」って、思っちゃうのでしょう。

穴が開いたわけでもないし、取っ手が取れたわけでもないし、

焦げ付きがひどくなったわけでもないのですから。

 

そういう、何でも始末して使う母のおかげで、

わが家は、今まで無事に過ごしてきたわけですけれど。

 

でも、もう、いいんじゃないかしら。

このフライパンは、役目を終えたわけだから。

 

はい、そう母に話し、捨てさせてもらいました。

 

ありがとうね、フライパン君。

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。