茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものが多いので、持ち帰りはなさらないでくださいね。

処分する服の選択は、勘ですか。

時々、傷んではいないがもう着ないであろう服を処分する。

 

気が向いた時。

服捨て本を読んで感化された時。

捨てなくちゃという強迫観念にとらわれた時。

前向きに、整理したくなった時。

収納からはみ出す量になってしまった時。

 

そんな入れ替わりがある服だけれど、

中には、10年選手、20年選手もいたりする。

しぶといなあ。

いちばんのベテラン選手は、20代の時のツウィードコート。

基本の形なので、古臭くない。

愛着が感じられる。

ほとんど、戦友だ。

一度、裏地を付け替えたもの、擦り切れたから。

 

長い間勤めていたから、

仕事服もたくさんあるし、

休日の気分転換服もある。

 

でたらめな、服装計画なんてまるでない、私の服たち。

 

そんななかで、数年ぶりに復活したパンツがある。

指折り数えたら、10年前の職場の旅行用に買ったものだった。

 

コットンの、足首が出る、ややワイドなパンツ。

今年、鮮やかに復活した。

 

ああ、持っててよかった。

なぜか、これ、捨てられなかったの。

色が気に入っていたからね。

でも、ここ数年は、まったく出番なし。

ベンチ入りもしなかった。

 

どうして復活できたかというと、

今年、あるお洋服屋さんで、ワイドパンツを買った。

涼しいので、出番が多い。

そのパンツを穿いていて、

もう一枚買おうかなあなんて、思ったときに、

この10年選手のパンツを思い出したという訳。

 

衣装ケースの奥から引っ張り出して着てみたら、

時のシルエットになってる。

新しく買ったよって言っても通りそう。

 

こんなことも、あるんだなあ。

 

今まで、処分して後悔した服はないけれど、

こうしてひそかに寝ていて、

あるとき復活してくる服もある。

 

処分する服の選択って、難しいなあ。

 

サイズは大丈夫で、どこも傷んでない服を処分するのって、

みんなどう判断しているのかなあ。

 

流行色が強く出ている服。

これは、処分できるんだけどなあ。

嫌いになった服。

これも、処分できる。

年齢的に無理じゃん、というのも、処分できる。

あとは、ねえ。

 

 

傷んでないし、サイズもOKだし、基本の形だし。

こういうのが、 

判断が難しいんだよね。

 

気が変わるから、そのときときめかなくても、

後でときめいちゃったりするんだよなあ、私。

 

やっぱり、勘か?

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。