茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

市からの長寿お祝い金というのがあるそうです。

私の住んでいる市では、

長寿お祝い金なるものを、敬老の日に合わせて、御長寿の方々へプレゼント。

 

昔と比べて、金額が減り、祝ってもらえる年齢は上がったそうです。

 

ちなみに、米寿の祝いは、2万円いただけるそうです。

ありがたいことです。

 

昔は、役員さんが、家まで持ってきてくださったそうですが、

今は、銀行の口座に振り込みですって。

なんだか、アジケナイ感じ。

申込書を書いて返送します。

それを書きながら、

ああ、私が今の母の年齢まで生きられたとしたら、

この申込書、理解して書いて返送するっていう作業、

自分でできるのかなあと、

ふと、思いました。

不安です~~~。

こういう申込書を返送できない人は、いただけないのでしょうか。

それも、なんだか、変な気がします。

 

遠くに嫁いだ従妹の話だと、

彼女の家が檀家になっているお寺さんでも、

御長寿お祝い金をくださるそうです。

そんな、しゃれた気前のいいお寺さんがあるなんて、

はじめて聞きました。

結構、そういうお寺さんて、あるのでしょうか。

 

お祝い金をいただいたら、母はごちそうしてくれると言ってます。

逆ですよね。

 

今日は、ダル重なので、のほほんと過ごすことにします。

 

もう、意地はって頑張らない。

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。