茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

腫瘍ができてしまったの、の電話。その後。

 この記事の続きです。

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

いっぱい考えて、

やはり、こちらからBちゃんに電話を入れるのは暴力的なのではないかと。

自己満足なんだろうと。

だから、電話を入れるのは、やめました。

 

 

次の日、地元の神社に行きました。

Bちゃんが私の地元に遊びに来てくれた時に案内した、

楽しい思い出の場所でもあります。

彼女も気に入ってくれた神社です。

私、大好きなんです。

以前、自分の検査結果がよかった時にもお参りし、

年が改まれば、お参りに行き、

たまには、長距離散歩で行き。 

 

そこの神社のお守りをいただいてきました。

私もいつも持ち歩いている、かわいいお守り。 

 

残暑お見舞いのカードといっしょに

このお守りを郵便で送りました。

Aさんから電話があったことや、病気のことには、いっさい触れないで。

それでも、伝わると思って。

 

 

投函した次の日。

Bちゃんから、メールが来ました。

たくさんの感謝の言葉と

一人でいっぱい泣いたってこと。

そして、お医者さんとの相談が終わってから、ちゃんと話して相談したいって。

そんなことが書いてありました。

 

私からも、メールで返信しました。

応援してるよって。

できることがあったら言ってね、これは、社交辞令じゃないよって。

 

 

あとは、

彼女の気持ちが落ち着くまで、待っていることにしました。

よくなることを祈ることしかできません。

 

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。