茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

マイカーを買った母の決心とシルバーカーの使い勝手。

「あのね、手押しの車を買おうと思うの」

母が、そう言いだした。

 

以前、私が勧めた時には、

そんな格好の悪いものは使いたくない。

とかたくなに拒否していたのに。

 

先日行った整骨院の先生に、

優しくアドバイスされたのだ。

 

これからも自分の脚で歩きたいのなら、

手押しの車を使ったほうが、杖より足のためにはいいですよ。

って、勧められたのだ。

 

娘の言うことには、従わない母も、

信頼している先生のおっしゃることなら、従う。

ちょっとかわいくない。

 

杖じゃ心もとないから、もうシルバーカーにしたら、

という言い方でなくて、

これからも歩くためには、シルバーカーの方がいい。

 

う~~ん、さすが、プロの勧め方は違う。

 

そうして、街に買い物にでかけたついでに、

デパートの売り場で、シルバーカーに触ってみた。

 

図々しくも、そこにあるものを、いくつも試させていただいた。

片っ端から、私が出してきては、母が試す。

熱心さに店員さんもいろいろ説明してくださった。

よい点悪い点も、教えてくださった。

 

実際押してみないとわからない。

幅とか、高さ。

押したときの軽さ。

タイヤの可動域。

座面の広さ。

物入れ部分の容積。

買い物かごを座面の上に乗せられるタイプもあった。

 

柄も、いろいろ。

私は北欧風がたいそう気に入ったが、私が使うのではないので、即却下。

赤が主のきれいな花柄に決定した。

 

母の思いは、もちろん、いつまでも自分の脚で歩きたい。

当たり前の希望だ。

そのための補助具が必要だ、見栄を張っている場合ではない。

それがわかる母は、まだきちんとした判断力があると思うとうれしかった。

 

結局その場で母曰く「マイカー」を買った。

そのまま押して帰って来た。

 

デパートの中では、

ありゃ、階段だめだね。

売り場の狭いところも歩きにくいね。

物産展は、無理そうだね。

 

帰り道。

途中で、段差に苦労したり、曲がり方が難しかったり。

狭い歩道で、向こうからくる人をよけてあげて、自分が身動きできなくなったり。

歩道は、端が下がっていて、車が平らに押せない。

下がっている方に、だんだん寄って行ってしまう。

 

まだまだ運転初心者。

しばらくは、付き添いつきでのマイカー買い物となりそうだ。

 

ゆっくりゆっくり歩く母。

お供の私は、横から日傘を差しかける。

こんなこと自分がするって思いもしなかったなあ。

もっとドライかと思ってた。

 

荷物入れにたくさんの道具を入れて、

お友だちの家に

手芸を習いに出かけた母。

 

帰ってきて、

みんなが、

いい車を買ったね、いい柄だね、

って褒めてくれた。

とご機嫌だった。

 

 

f:id:kureyonnobasann:20170805094254p:plain

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング