茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

こんなことを思い出しました。温かい電話。

おはようございます。

 

昨日、tonさんのブログで、素敵なお話を読ませていただきました。

tonntonn.hatenablog.com

 

そして、こんな出来事を思い出しました。

 

2年くらい前の出来事です。

 

電話がかかってきました。

 

「〇〇社の△△です。クレヨン様のお宅でしょうか」

私は、その会社の名前も、電話をしてきた人の名前も知りません。

また、しつこい営業の電話だな(営業職の方、ごめんなさい)と思って、

そっけない応対をしました。

電話をすげなく切ろうとしました。

 

そうしたら、相手の方は、こう続けたのです。

 

「クレヨン様は覚えていらっしゃらないと思いますが、

 3年ほど前に、クレヨン様のお宅に伺った者です。

 あの時は、まだ、就職したばかりで、慣れない営業でした。 

 うまく話せなかったのですが、クレヨンさんは、そのとき話を聞いてくれて、

 最後に、がんばってね、って言ってくださったんです。

 ものすごく、その、頑張ってねの言葉がうれしくて、

 ぼく、手帳にメモしてあるんです。

 お陰様で、係長になれました。ありがとうございました。」

 

私は、少しも覚えていなかったのに、

この人は、たったの一言を覚えていてくれたんだ、と思い、

でも、ちらっと、新しい営業トークか、とも思ってしまいました。

「そう、よかったですね。がんばったね。わざわざ伝えてくれて、

 こちらこそ、ありがとう。」

と伝えました。

でも、そのあと、仕事の話はなかったのです。


結局、なんの営業かはわからなかったけど(この人、それでいいのか?)、

うれしい電話でした。

見知らぬ人からの、うれしい電話でした。

こんな電話をくれる人がいるなんておどろきました。


ほんとに、これからも、がんばってね。と顔も名前もわからぬ若者に、

心の中でふたたびエールを送りました。

 

その後、彼からは、電話はかかってきません。

営業の電話、来ないです。

ですから、

彼は、本当に、私にありがとうと言いたかっただけなんだなあって、思います。

 

今、どうしているかなあ。

名前も顔も思い出せませんけれど、どこかでがんばっているんだろうなあ。

 

作り話みたいですけれど、私の大切なあたたかい思い出の一つです。

 

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング