茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「雪と珊瑚と」梨木香歩著 角川文庫★1分おしゃべり

雪と珊瑚と

梨木香歩 著

角川文庫

平成27年6月25日 発行

 

家守綺譚

西の魔女が死んだ

りかさん

沼地のある森を抜けて

等、梨木さんの本は何冊か読みました。

 

家守綺譚がいちばん好きです。

 

今回読んだこの本は、それとは傾向が違います。

 

若いシングルマザーが、周りの人たちの好意に助けられて

しっかり前に進んでゆくお話でした。

情況が悪くても、意思が強ければ、立ちあがっていけるんだなっていう、

励ましを貰えるお話でした。

食べることは生きることに直でつながるのね。

って改めて思ったりもしました。

 

文中のおいしそうな記述のところと

心に響いた言葉のところには、線を引きながら読みました。

 

あれ、最近、食がサブテーマになっている本、多くない?

本屋さんで文庫本を見ていると、

目に入って来るのが、

喫茶店とか、カフェとか、食堂とか、

お菓子とか、和菓子とか、

コーヒーとか、パンとか、スープとか。

私の食い意地がはっているだけかなあ。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング