茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

もうこの年になったら、着たいものを着て楽しむのがいい。

私は洋服が好きなんだと思う。

あれこれ着るのが好きなんだと思う。

理由は、まず、中身に自信がないから外見をよくしましょうと。

中身を外見で補って、みっともなくないようにしたいと。

そして、若い頃は貧乏で、服があまり買えなかった。

 

学生時代は、ちっとも着飾ることができなくて、

基本、2本のジーパンと数枚のミニスカートで過ごしたっけなあ。

確か、ワンピースは、4年間でたった1枚しか買わなかった。

自分で縫ったり編んだり、それなりに着ることを楽しんではいたけど。

就職したら、毎月、お給料をもらうと電車に乗って

友達と一緒にお洋服を買いに出かけていたっけな。(当時は、現金支給でしたね)

 

就職したら、原則、スーツの職場。

または、おとなしめの真面目な服の職場。

スーツを着るのも楽しかった。

でも、本当は、カジュアルが好き。

だから、休日が楽しかったな。

年齢が上がると、ちょっと気取ったのを着たくなったのと同時に、

麻の楽な服も好みになってきて。

仕事を辞めたら、楽な服を手に取る回数も増えて。

着たことのなかった、ガウチョとか

しばらくご無沙汰だったワンピースとか、

なにやら民族風のおばちゃん服とか。

すっきりパンツにはまるときもあれば、

ふわふわチュニックを着たい時期もあるし。

何が似合うとかじゃなくて、

あら、これ、着てみたい、で集められた服たち。

いつも同じような感じね、クレヨンらしい服だね、っていうのが最近は、ない。

いろいろ着ちゃっている。

 

私の洋服は、てんでんばらばら

統一感のない、めちゃくちゃな集合体。

だから、枚数が多い。

 

例えば、冬のコート一つにしても、

ツウィードのロングコート(これは年季が入っている。30年は軽く過ぎていて、裏地を貼りかえたモノ)、

グレーのフード付きコートが2枚(すごくよいお品のモノとお手軽着)、

あったかふわふわのフード付きロングコート、

黒のファー付きコート(退職年に買ったよいお品のモノ)、

ダウンのコートが3枚、

男らしい濡れてもいいよコート。

これらが、現役。

 

全部、捨てられません、着るのを楽しんでいるから。

体調不良のあとに、

断捨離熱が、があっとわいてくるときもあるし、

私が死んだらただのゴミとばかりに、

捨てねばという強迫観念にさらされる時もあるし。

いいんだ、これ、楽しんで着ているんだもん、

使い切る着倒すよ私は、と思う時もあるし。

 

自分で管理できなくなったときがおしまいのときだな。

いつ破綻するかな私の洋服道楽。

 

でもまあ、もう明らかに着ない服もあるので、それは整理しようと思っている。

年齢が上がるにしたがって洋服のお世話なんかできなくなるということは、

充分、わかっている。

今は、「服が収納場所からはみ出したらアウト」というルールにしてる。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング