茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

絵本でどきどき、ボケ自覚。

f:id:kureyonnobasann:20171106093405j:plain

地元の銀杏もきれいになりました。

散歩に行って、臭いのを我慢して、散歩をしました。

ぎんなんは、おいしいけれど、

地面に落ちてつぶれたときの匂いは、勘弁してもらいたい。

 

母の通院に付き添っていったときのこと。

相変わらずの待ち時間の長さ。

私は文庫本を持って行くからいいんだけれど、

母は、本を読まない。

だから、手持無沙汰で飽きてしまうのです。

仕方がないので、待合室の絵本を冷やかそうと思って、

本立てを見ました。

ポケモンを探す絵本がありました。

ウォーリーを探せみたいな本。

母と一緒にやることにしました。

 

1ページ目。

1匹は見つかったけど、あとの2匹が見つからない。

え、子供の本なのに、この私が見つけられない?っと

それって、まずいんじゃないか?

うん、かなり、まずい。

3匹見つけなくちゃいけないのに、1匹しか見つけられないなんて。

背筋がひんやり~~~。

心の中では焦りまくっているのに、

何気ない風を装って、

目を凝らして絵を隅から隅まで見るけど、

見つからない。

余裕をぶっこいている場合じゃないっ!!

 

自分がボケたのかと、怖くなってきた。

こんな難しい絵本を、老人がたくさん来る待合室に置いといていいのか?

なんて、お門違いのいちゃもんを心の中でつぶやき、

母に、恐る恐る聞いてみる。

「母さん、見つけられた?」

母も1つしか見つけられないという。

そうか、アラカンとアラ卒と、同じボケ具合?

いやだなあ。

検査した方がいいかなあ、頭も。

 

そう落ち込むだけ落ち込んで、

絵本の隅っこを見る。

あれま、ページがおかしい。

 

そうなんです。

あんまりきれいにとれていたからわからなかったの。

1ページめだから、右のページだけで、

見開きじゃあないと思っていたの。

でも、よくよく見たら、ページが抜けていたのです。

 

本の後ろの方をぱらぱらめくると、

破け落ちた最初の見開きの左半分が、挟んであったのです。

それを、元に戻して、再度、ポケモンの2匹を探すと、

ありました、ありました。

 

よかったぁ。

見つけられないほどのボケは、始まってなかったんだ。

ページ抜けに気が付かない程度のボケだったんだ。

いくらか、マシですよね、後者の方が。

最悪のボケでなくて、よかったなあ。

 

いくらか落ち着いて、診察室に入れました。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング