茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録「しあわせのパン」三島有紀子 著★1分おしゃべり

 しあわせのパン

三島有紀子 著

ポプラ文庫

※著者は、映画「しあわせのパン」の監督です。

 

ずいぶん前に買って、本棚の積読の中にあった本です。

 

北海道を舞台に、パンカフェを営むりえさんとボクのお話です。

ボク(水縞尚)がパンを焼き、りえさんがコーヒーを淹れ、料理をする。

 

そのカフェ・マーニに訪れる人々の物語でした。

 

片恋に破れてもまだあきらめきれない女性客。

母親が出て行ってしまって、そのために父を避けてしまう少女。

妻が重い病の老夫婦。

そういう人たちが、カフェ・マーニにやってきます。

 

この物語は、

かっこわるい自分を知っている人が、大人だ。

人間は最後の最後まで、変化し続ける。

大切に思っていることを大切にして生きていきたい。

ということを教えてくれました。

 

主人公のりえさんが、大切に大切にしている絵本「月とマーニ」

の中の言葉が、大事な言葉です。

「大切なのは

 君が、照らされていて

 君が、照らしている

 ということなんだよ」

 

この文庫本のおしまいに、この絵本が付いています。

そのミニ絵本の絵も素敵でした。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング