茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

私もその仲間?嫌ぁな感じ。

 電車の中の出来事です。

私は席に座っていました。

ある駅で乗り込んできたおばちゃん団体が、おしゃべり団体で。

うるさいったらありゃしない。

音声拡大器がもれなくついているのでしょうか。

立っている人もいっぱいいるなかで、

我が物顔のおしゃべり。

嫌だなあ。隣の人と静かに話せばよいのに、なぜ、ぜグループ全体に話しかけるのでしょうねえ。

今時、学生だって、静か。

まあ、みんなスマホ見ているからね。

 

私の席の右側が空きました。

ドスンと座ったのは、おしゃべりのリーダー格の方。

おいおい、ドスンはないでしょ。

こんなにぶつかったら、おしゃべりし続けるよりも、

一言、すみません、とか言ったらどうなの。

私だったら言うよ。

 

次の駅。

私の左側が空きました。

空いた席の前には、中年男性が立っています。

当然、私が、その男性だったら、座ります。

仕事帰りで疲れているし、目の前の席が空いたのですから。

 

だが、しかし、私の右隣にさっき座ったドスンおばさんは、

聞こえよがしに言いました。

自分の前に立っている彼女の仲間に、言いました。

「席をずれてもらったら」

 

え?

何?

それは、もしかして、

私に左の空いている席にスライドせよと言っているの?

私がスライドしたら、空いた席の前の男性が座れないじゃないの。

この空席は、目の前の男性に、着席権があると私は思う。

ドスンおばさんの作戦は、ずるいと思う。

でも、ありがちでもある。

よく見かけるもん、いい年してるのに、人を圧力でどかして、無理やり隣の席に座りたがるおばさん連中。

 

こういう図々しさが、大嫌い。

だから、聞こえないふりをしました。

ちゃんと、私に向かって、席をずれてとも言われていないし。

 

私は文庫を読み続ける。

ものすごく気が利かないおばちゃんとして、黙って読み続ける。

男性に、あなたも疲れているのでしょ、座ったらいいのに。

と思いながら。

 

立っている男性が言いました。

ドスンおばさんのお連れの方に、

「そうぞ」

って言いました。

ドスンおばさんの、お連れの方は、さっさと座りました。

おい、ちょっと遠慮とか、しろよ。

 

私を挟んでのおしゃべり。

まったく、もう。

ぜったいに、ぜぇったいに、席かわらないよ、私は。

 

このずうずうしいおばさん団体。

しかし、

端から見れば、私も、この人たちと一緒の団体構成員。

世の中の、ずうずうしいおばさん団体の構成員。

いやだなあ。

 

電車の中のエチケット、どうしたらおばさん連にご理解いただけるのか、

同じおばさんなのに、わかりません。

 

念のための付け足しますけれど、

普段、空席があちこちにあって、

お連れさんと別々に座ろうとした人たちに気が付けば、

私は自ら席を替わってさしあげています。

当たり前でしょ、そんなこと。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング