茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

後ろめたさや敗北感やがっかり感なく過ごせるといいな。

 「今日出かけるのよしなさいよ。

 疲れが抜けないでしょ」

母に言われてしまいました。

 

昨日、友人と出かけました。

朝早く、帰りも9時くらいになってしまって。 

朝の血圧がちょい高めで、お医者さんのおっしゃる通り、

1錠飲んで出かけました。

びくびくしがら出かけました。

いちおう無事に帰宅したし、

薬を飲んだことも母にはいってないのですが、

見ていて心配だったのでしょうか。

身体が丈夫じゃないのは、ちょい残念です。

 

そして、今朝。

早起きできず、それが母の心配をよんだのでしょう。

 

出かけるのは、やめました。

 

自分でも、無理してるなってわかったので。

 

もう、連日のお出かけは控えたほうがよいのかもしれません。

街散歩程度なら、OKですけれど、遠出は控えた方がいいのかもしれません。

まだ62なのに、なんとも、情けない話ではありますけど。

身の回りで静かに楽しめることをしていればいいんですよね。

 

以前は、スケジュール、お楽しみでいっぱいにしていました。

そうしないと、損するみたいに感じて、どん欲にお楽しみ計画をいれていました。

一種の「楽しまなきゃ」という強迫観念から。

 

例えば、ライブに行くなら、その前にその近くの街散歩を入れたり、

その会場のある街のお店を調べてついでにいってみたり。

でも、それは、やめざるをえなくなり、

今は、ライブ会場に無事に着き、静かに楽しんで帰って来るのがせいぜいに。

 

街で済ませる用事も、一日にまとめて、あちこちの役所や銀行に行ったり、

お使いなどをしたり。

でも、最近は、一日、1用事にしています。

 

映画も、どうせ行くなら、と2本3本まとめてみていましたが、

最近は、1本。

体調良ければ、2本。

 

どうやら、おでかけも、隔日に計画した方がよさそうです。

それも、寒くなったら、9時5時でしょう。

 

ああ、だんだん、活動範囲、活動時間が減ってゆく。

 

これが、年取るってことかな。

 

今日は、そんなわけで、

あったかい部屋で、アイロン掛けたり、

片づけたり、

ボランティア仕事をしたりしていました。

もうすぐ、お昼ごはん。

 

こういう一日が、後ろめたさや敗北感やがっかり感なく、

心から楽しめるようになっていくといいなあ。

 

世の中の、

家にいる無職のとりあえず低空飛行の体調の62歳って、

どんな過ごし方をしているのでしょう。

人は人、自分は自分だけど、他の方の過ごし方や考え方も、参考にしてみたいです。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング