茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「たった、それだけ」宮下 奈都 著

たった、それだけ

宮下 奈都 著

双葉文庫

2017年1月15日 発行

 

羊と鋼の森

田舎の紳士服店のモデルの妻

誰かが足りない

スコーレ№4

よろこびの歌

終わらない歌

等、この方の本は、半分は読んでいると思う。

静かな流れで淡々と話が進むのだけれど、

その内容が軽くなくて、重厚な感じがすると私は感じている。

うっかりするとするっと読み流してしまうかもしれないところに、

きらりと光る言葉や、よくよく読み込むと深い文章があったりすると、私は感じている。

だから好き、宮下奈都さん。

 

この物語は、

浮気相手の女性に、贈賄事件を密告されて、逃げる望月さん。

そして、残された妻と娘。

望月さんの姉や妻たちが、望月さんをどんな人間と見ていたのか、どんな人間にしたのか。

望月さんの娘の学校の教師や同級生など様々な人模様。

人間関係の機微を書いている作品でした。

最後まで読んで、ああ、読んでよかったなあ、としみじみ読後感に浸れる本でした。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング