茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

実は、昨日、頑張ったんです。本の処分。

先日から、そろそろたまった本を処分しなくちゃなあと思ってはいました。

読み終わった小説類は、たまに街の古書買取店に持っていくのですが、

それも面倒で、ついつい読み終わった本がたまってしまいます。

もう本棚からはみ出しすぎ~~~。片付けないといけないなあ。

と思っていました。

でも、こういう性格なので(ってどういう性格?)、すぐに取り掛かれませんでした。

 

段ボールを送ってくれて、不要の本を詰め込めば、家に集荷に来てもらえるという、

車のない私には、ありがたい、本の引き取りサービスがあります。

段ボールは送ってもらっていたので、

昨日、突然、本の処分モードになったので、一気にやりました。

蜜柑箱くらいの大きさの段ボール箱にぎゅう詰めにしました。

今回は、小説類と、趣味で集めた文房具関係の雑誌をたくさん箱に詰めました。

私は文房具が大好きで、これらの雑誌を読むことで仕事のストレスを解消していた、

ありがたい雑誌なのですが、

今は、ストレスがないので、私にとっては、「悪魔の物欲雑誌」と大変貌をとげてしまった雑誌です。

(お世話になったのに、この言いよう、m(__)mです)

でも、2冊だけ、残しました。「万年筆とインク」の特集の、2冊。

 

さて、この本ぎゅうづめの段ボール箱を、明日、取りにきてもらいます。

 

お値段が付かない本も、あるでしょう。

私が持っている本で、高く売れる本なんて、ありません。

でも、古紙回収に出すのはしのびない。

だから、資源ごみじゃなくて、本として引き取ってくれるなら、それだけでいいです。

まあ、ちょっとは、お小遣いになれば、うれしいけど。

今回利用したのは、「もったいない本舗」です。

 お願いすれば、段ボールだけでなくガムテープまで届けてくれます。

今回使った感じで、よければ、次回も頼もうと思います。

 

私の部屋は、まだまだ処分しなくてはいけないモノがたくさんあります。

また、処分気分になるのは、いつかなあ~~~。

 

私が死んだら、ただのごみ‥‥‥

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング