茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「アット・ホーム」本多孝好著 角川書店★1分おしゃべり

アット・ホーム at Home

本多孝好 著

角川書店

2019年10月31日発行

 

at Home

日曜日のヤドカリ

リバイバル

共犯者たち

の4編が収録されています。

 

どの物語の家族も、ありふれていない家族。

たとえ血のつながりがなくても、

親が出て行ってしまっていても、

そういうところでないところで、つながっている家族。

 

互いを大事に思い、定型の家族関係でなくても家族となっている。

家族、を作るのは、血縁でもなく同居でもなく心のつながり。

 

登場してくる父親は、みなさん、いわゆるダメおやじ。

でも、愛すべきところもある、ダメおやじ。

 

ちょっと癖のあるというか事情のある家族のストーリーを

こんな家族でいいのかな、なんて思いながら読んでいても、

おっと、気が付けば、物語の中の駄目さ加減が人間的に思えて来て、

いつのまにか、共感もしてきちゃって。

こういう家族もありかも、なんて考えてしまいました。

不思議な設定の家族なのに、リアリティがあって。

なんだか、じんわりしみじみしてきた物語でした。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング