茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「わたしをみつけて」中脇初枝・著★1分おしゃべり

わたしをみつけて

中脇初枝

ポプラ文庫

2015年6月5日発行

 

「きみはいい子」と同じ町が舞台だそうです。

 

施設で育った准看護師の弥生さん。

自分の居場所が失われるのが怖くて、何かを思ったり感じたりしても、

異議は唱えない。

でも、新しい師長さんの言動から、やっと自分を出せるようになった。

最後の手術の場面、素敵だったな、弥生さん。

師長さん、かっこいいです。凛々しいです。こんな上司が後輩を育てるんだよね。

後輩が、見て、学べる上司。いいなあ。

 

母親から、自分を見てもらえない娘さんとか、

虐待とか、扱っているテーマは、重いのですが、

読後感は前向きな気持ちになれました。

 

 

心に残った言葉。

大丈夫よ。正しい答えを探す必要はありません。答えはどこかに転がっていたりはしません。答えはいつも、あなたがたの中にあります。

 

いいことをすれば、いい子。わるいことをすれば、わるい子。

だから。

わたしはいい子でもわるい子でもない。

わたしはわたし。

 

この作者の次の本も読みたくなりました。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング