茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「つぼみ」 宮下奈都 著 光文社

 

つぼみ

宮下奈都  著

光文社

2017年8月20日 発行

 

『スコーレNo.4』のスピンオフ作品3編を含む6編が収められています。

 

手を挙げて

あのひとの娘

まだまだ、

晴れた日のこども

なつかしいひと

ヒロミの旦那のやさおとこ

 

の6編です。

 

大好きな宮下さんの作品で、どれもよかったですけれど、

とくに「なつかしいひと」が、気に入りました。

宮下ファンでなくても、この短編は読んでほしいなあ。

 

 

ふりってね、誰かに見せるためじゃないの。自分自身にそういうふりをするの。

 

本心にしたかったんだと思う。自分を騙したんじゃなくて、自分を信じたんでしょ。22ページ

なるほど、と思いました。

 

 

この人は、断るのが得意ではない。断るのは失礼なことだと思っている。おすして、その失礼なことを自分にさせようとした相手を、もっと失礼だと恨むのだ。136ページ

ああ、似てるな私と。面倒で嫌な考え方をする奴だな。

 

どっちに進んだらいいのかわからなくなったときは、後悔しないほうに向かうんじゃなくて、

後悔しないようにって考えるから選べなくなるんだ、

ほんとうに切羽詰まったら、少しでも心地いいほうへ進め  146ページ

っていう言葉が好きになりました。

 

僕も分厚い本を読みたかった。できるだけ長くその本の中に留まっていられるような、没頭して現実世界へ戻ってこなくて済むような本がよかった。164ページ

というところに、ああ、そういう時ってあったなあ、って共感できました。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング